シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ケアアクシス モイストケア シャンプー(ヘンケル) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ケアアクシス モイストケア シャンプー

ヘンケル


ケアアクシス モイストケア シャンプーの格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
洗浄力:◯
安全性:◯
補修力:△
潤滑性:△
うるおい:△
1mlあたり5 円
300 ml/1575 円

ケアアクシス モイストケア シャンプーの解析結果

さっぱりタイプでスキンケア効果もあり。



注目ポイント

きめ細かい上質な洗浄性と、生体適合性保湿剤を始めとした質の良い添加剤の組み合わせで、
肌に優しく、心地良い使用感を得ることができるでしょう。


総評

比較的どんなタイプにも適合する守備範囲の広さが特徴で、
さっぱり洗えるながら頭皮に優しく、コンディショニング効果もあるがスキンケア効果もまずまず高い。
バランスのとれたスキンコンディショニングシャンプーといえる良品でしょう。

化粧水感覚で使えるような、肌への有益性が特徴といえます。


主な成分の解説

ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルグルタミン酸Na皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
ラフィノースはフルクトース、ガラクトース、グルコース分子がグリコシド結合によって連なった構造の糖で、肌のラメラ構造を改善する働きを持つ保湿剤。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
コメ胚芽油はγ-オリザノールの美白作用、ビタミンEの40-60倍もの抗酸化作用、フェルラ酸の紫外線吸収効果、抗菌作用、リノール酸、オレイン酸のエモリエント作用を付与します。

ケアアクシス モイストケア シャンプーの宣伝文,商品説明:

トリプル保湿成分配合のシャンプーです。
髪にたっぷりとうるおいを与えながら、きめ細かい泡でやさしく洗います。
オリゴ糖、海藻エキス、ダイマーエステル、小麦タンパク、米胚芽エキス、クロロフィル、酸性アミノ酸配合です。

ケアアクシス モイストケア シャンプーの全成分:

水、ラウラミドプロピルベタイン、DPG、ラウロイルメチルアラニンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルグルコシド、ジステリアリン酸PEG-150、ポリクオタ二ウム-10、メチルパラベン、プロピルパラベン、クエン酸、クエン酸Na、アスパラギン酸、ラフィノース、ポリクオタニウム-51、加水分解コムギタンパク、褐藻エキス、ダイマージリノール酸水添ヒマシ油、コメ胚芽油、銅クロロフィリンNa、香料