シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
セノ (ceno) ヘマチンシャンプー 
(オレンジコスメ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

セノ (ceno) ヘマチンシャンプー

オレンジコスメ


セノ (ceno) ヘマチンシャンプー のオススメレベル

セノ (ceno) ヘマチンシャンプー の解析結果

ヘマチンシャンプー、しかし脱脂と刺激が大


ヘマチンの特徴が、まさに髪の毛の補強やカラーの後の過酸化水素除去などいろいろな働きがうれしい成分であります。
ただ、アルカリ性を好むというデメリットがあります。

ヘマチン自体は有益な成分ですが、
このシャンプーはその良さを生かしているとは到底言えない内容です。

脱脂力と刺激性が懸念される内容で、感触は悪くありませんが、実際には平均以下のシャンプーです。

宝の持ち腐れシャンプー。


[PR]

セノ (ceno) ヘマチンシャンプー の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、イソステアラミドプロピルベタイン、ココイルサルコシンNa、PEG-3コカミド、DOE120(ジオレイン酸PEG-20メチルグルコース)、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA,POE-40水添ヒマシ油,ヘマチン,ポリ-r-グルタミン酸Na、ポリクオタニウム-10、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、グリセリン、加水分解シルク、BG、センブリエキス、ワカメエキス、ヒジキエキス、香料、エタノール、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
イソステアラミドプロピルベタインが増粘、刺激緩和作用などを付与。
ココイルサルコシンNaはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。

洗浄剤に関しては、あまり褒められたものではありません。

この内容で、しかもアルカリ性であると考えると、かなり脱脂力が過剰とみられます。

その他の成分をピックアップすると、

ポリグルタミン酸Naは納豆のネバネバの主成分で高分子アミノ酸。グルタミン酸で構成される巨大分子で、べたつかず滑らかな感触 、即効性、持続性を持つ潤い、バリヤ改善機能、高い安全性が特徴。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ヘマチンは豚の血液に含まれるヘモグロビン由来成分。パーマ毛の補強、男性型脱毛の抑制、過酸化水素除去、育毛、チオグリコール酸臭(パーマ臭)の除去、染毛促進、毛髪強度向上作用。

[PR]
セノ (ceno) ヘマチンシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム