シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ココナチュラ シャンプー
(菊星
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ココナチュラ シャンプー

菊星


ココナチュラ シャンプー のオススメレベル

ココナチュラ シャンプー の解析結果

基本的に石鹸ですが、両性界面活性剤とアルカリ性のアミノ酸であるアルギニンにより、
石鹸の持つデメリットを幾分軽減しています。
両性界面活性剤にあたるのがココベタイン、アミノ酸がアルギニンですね。

ただし製品としてはアルカリ性でなければ洗浄ということ自体ができなくなってしまいますから、
アルカリ性の石鹸に変わりありません。
アルカリ性ということは、肌のセラミド、コレステロールといった保湿因子を流失させてしまう、かんたんに言えば、乾燥肌に導く性質です。
塩化Naは増粘作用による粘度調整。
内容としてはシンプルで、6つの成分で構成されています。
アルカリ性であることと、石鹸ということで、使用感に比べて脱脂力がしっかりあるのが特徴です。
ですので、マイルドな石鹸ではありますが肌の弱い方にはオススメできない部類となります。
単純に、弱酸性の製品を選んだ方がよりメリットが大きいでしょう。
値付けも内容から見れば高額と言わざるを得ません。


[PR]

ココナチュラ シャンプー の全成分:

水、ココベタイン、ヤシ脂肪酸K、塩化Na、コカミドDEA、アルギニン

主な成分の解説をみるココベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
カリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。

    ココナチュラ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:0.8

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:

  • 容量/400ml
  • 価格/1890円
  • 1mlあたり/4.73円

ココナチュラ シャンプー の宣伝文,商品説明:

ココナチュラが考えるシャンプーは、
地肌と髪のことを考えたシリコンフリー。
地肌が持つ大切 なうるおいを残しながら、
自然由来のやさしい泡で余分な汚れは落とし、
地肌本来の健康なコンディションへ導きます。

[PR]
ココナチュラ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム