シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
COCO PRINCES(ココ プリンセス) エアリーシャンプー
(ココカラファイン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

COCO PRINCES(ココ プリンセス) エアリーシャンプー

ココカラファイン


COCO PRINCES(ココ プリンセス) エアリーシャンプー のオススメレベル

COCO PRINCES(ココ プリンセス) エアリーシャンプー の解析結果

表面的に良さそうと感じさせたいだけ


そもそも、この価格帯で精一杯印象良いシャンプーを作ろうと思ったら、こういった形になるのは仕方ない部分もあります。

要は、仕上がりの感じの良さに注力し、あとはなるべく安く仕上げた市販らしいシャンプーです。


キトサン、γドコサラクトンなど、添加剤のレベルは並以上のものがありますが、
洗浄剤は安いシャンプーの典型を踏襲したもの。
さらに、ベヘントリモニウムクロリドのようなカチオン界面活性剤を入れて手っ取り早く感触の良さをアピールする代わりに、肌へのリスクを高めてしまっているあたりは減点されても仕方ないでしょう。

仕上がりの髪の感触は幾分改善したように感じさせますが、使うほどにコンディションは悪化させていく強脱脂力のシャンプーであることを念頭に置きましょう。


[PR]

COCO PRINCES(ココ プリンセス) エアリーシャンプー の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、アルキル(C14-18)スルホン酸Na、PEG-3ラウラミド、コカミドDEA、リン脂質、ヒドロキシプロピルキトサン、ダイズ油、クオタニウム-18、γ-ドコサラクトン、ダイズステロール、ココイルメチルタウリンNa、ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ベヘントリモニウムクロリド、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、プロパンジオール、エタノール、イソプロパノール、カラメル、EDTA-2Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ヒドロキシプロピルキトサンは、カニの甲殻を形成する多糖類キチンを脱アセチル化して得たキトサンの酸化プロピレン付加物で、強靭で柔軟性のある皮膜を形成する。
また、保湿、ニキビ抑制効果もクオタニウム-18は塩化ジアルキル(14-18)ジメチルアンモニウムというカチオン界面活性剤で、比較的低刺激性のコンディショニング効果を付与します。
γ-ドコサラクトンエルカラクトンと呼ばれ、毛髪内部のアミノ基と結合。ハリ・コシ・ツヤと長期持続性を付与します。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。

    COCO PRINCES(ココ プリンセス) エアリーシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 素材の品質:1.9
  • 安全性:1.7
  • 髪質改善効果:2.8
  • 頭皮環境改善 1.8
  • 費用対効果:2.9

  • 容量/500ml
  • 価格/854円
  • 1mlあたり/1.71円

COCO PRINCES(ココ プリンセス) エアリーシャンプー の宣伝文,商品説明:

髪をなめらか&つややかにサラサラにするエアリータイプのシャンプーです。指通り・ツヤ・香りにこだわった成分を配合し大人かわいい世界観をもったヘアケアです。 ●髪に潤いを与える! 保湿効果、ツヤ出し効果に優れたリン脂質、ダイズ油を配合。 ●ダメージ補修する! 成分として注目の美髪成分エルカラクトン(γ-ドコサラクトン)を配合。 ●髪を保護する! 成分として天然の保護保湿成分ヒドロキシプロピルキトサンを配合。 ●サラサラタイプ ●上品なローズアロマティックの香り ●ノンシリコン、ラウレスフルー処方 使用方法

[PR]
COCO PRINCES(ココ プリンセス) エアリーシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム