シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ 
(クラシエホームプロダクツ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ 

クラシエホームプロダクツ


ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  のオススメレベル

ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  の解析結果

これはだめ。安っぽい上に肌に刺激的。


ラウロイルサルコシンTEAベースという、ある意味ラウレス硫酸Naベースより嫌な印象の処方です。
アミノ酸系列の中ではやや刺激があり、石けん様の沈殿性のある成分でもあるが、
さっぱり感のある洗い上がりの洗浄剤。
ベタイン、非イオン界面活性剤が刺激緩和や増粘作用など。
コラーゲン、シルク、シルクの原料セリシンを配合してコンディショニング効果を与えている。

いわゆるアミノ酸系の中では下。
全体的にはコンディショニングシャンプーといった印象ですが、
やや中途半端な出来となってしまった感じです。
もう少し良い特徴を持てば見所がありましたが、「コンフォート」とはいきません。

オススメ感のない凡作です。


[PR]

ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  の全成分:

水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸TEA、塩化Na、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-49、エタノール、ポリクオタニウム-10、加水分解コラーゲン、シルクエキス、セリシン、ローヤルゼリーエキス、水溶性コラーゲン、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

主な成分の解説をみるラウロイルサルコシンTEAは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
パーム核脂肪酸アミドベタインが泡立ちの安定性を高めます。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ポリクオタニウム-49はメタクリロイルエチルベタイン、メタクリル酸PEG-9及び塩化メタクリロイルエチルトリメチルアンモニウムの共重合体で、皮膜形成とコンディショニング効果、指通りの改善作用を付与する。
セリシンは絹より抽出精製されるペプタイドで、皮膜形成、ハリ・コシ付与、皮膚の保湿性向上作用。
水溶性コラーゲンはフカヒレ、サケ、ヒラメ、カレイなどの魚の皮から抽出したコラーゲン。通称マリンコラーゲンとも呼ばれ、コラーゲンの中でも優れた保湿性を持つと言われています。

    ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 素材の品質:3
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/500ml
  • 価格/1624円
  • 1mlあたり/3.25円

ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  の宣伝文,商品説明:

キメ細かい濃厚な泡が、髪1本1本を包み込みきしまず洗い上げます。
洗い流し時の「指通りのなめらかさ」が特徴のシャンプーです。

[PR]
ココンシュペールインナーコンフォートシャンプースリーク&リッチ  2017 (c)シャンプー解析ドットコム