シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
conoha(コノハ) シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

conoha(コノハ) シャンプー
スィートオレンジ
ローズマリー


conoha シャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:X
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
さっぱり感:○
ハリコシ補修度:△
1mlあたり7.5円
250ml/セットで3780円

conoha シャンプーの解析結果

ちょっとマイルド設定な石鹸シャンプー。


2種類ありますが、どっちも成分的にはほとんど一緒なのでまとめて解析です。
ベースはカリ石けん素地。
いわゆる石けんです。
ココイルメチルタウリンNaとココアンホ酢酸Naを加えて洗浄力と刺激性の緩和を。
トレハロース、デンプンをはじめ、油性成分も少なからず配合されています。
香りは天然オイルで、という感じですね。

総合的には、いわゆる石けんシャンプー特有のきしみ感というのを油性成分で感じないようにカバーしている、というシャンプーです。
トレハロース、デンプンといった感触改善成分のおかげで保湿感を感じます。
ただし、商品説明にあるような、まさに理想的な優しいシャンプーですよ〜というものではありません。
肌へ優しいかわりに石けんカスの問題もありますし、あくまで石けんのデメリットを油分で隠しているだけですので、そこまでいいシャンプーかどうかは疑問です。


主な成分の解説

カリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
チリアトメントサつぼみエキスは菩提樹のつぼみから抽出したエキスで、保湿・キューティクル保護、抗菌作用などを付与。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。

conoha シャンプー宣伝文,商品説明:

きれいな髪になりたい…。
お手入れに時間をかけているのになぜか髪に元気がない、という方はいませんか。
それは地肌があまりよい状態ではないかもしれません。
泡立ちのよさや、髪の表面ばかり気になり、地肌をいたわることを忘れているのではありませんか?

conohaが目指したのは使い心地がよく、髪と地肌をいたわる石けんシャンプー。
洗浄成分や保湿成分が植物由来であることに加え、泡立ちのもの足りなさやきしみ感を植物由来の成分で補いました。
conohaシャンプーは驚くほど透明でサラサラ。
ボトルが透き通っているのも、地肌をしっかり洗えるよう、やさしい自然素材でつくったという証です。
手にとってゆっくりと地肌を洗ってみてください。
シンプルで気持ちよく、やさしいちからが伝わってきます。

全成分:

スィートオレンジ
水、カリ石ケン素地、ココイルメチルタウリンNa、ココアンホ酢酸Na、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-40水添ヒマシ油、エタノール、トウキンセンカ花エキス、チリアトメントサエキス、グレープフルーツ種子エキス、オレンジ油、レモングラス油、グリセリン、クエン酸、塩化Na、エチドロン酸、BG

ローズマリー
水、カリ石ケン素地、ココイルメチルタウリンNa、ココアンホ酢酸Na、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-40水添ヒマシ油、エタノール、ローズマリーエキス、チリアトメントサエキス、グレープフルーツ種子エキス、ローズマリー油、ゼラニウム油、セージ油、レモングラス油、グリセリン、クエン酸、塩化Na、エチドロン酸、BG