シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
coquette(コケット) アロマシャンプー
(日本ゼオライト化粧品事業部
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

coquette(コケット) アロマシャンプー

日本ゼオライト化粧品事業部


coquette(コケット) アロマシャンプー のオススメレベル

coquette(コケット) アロマシャンプー の解析結果

話にならないような激烈脱脂シャンプー。


スルホコハク酸ラウリル2Naをはじめ、ココアルキル硫酸Na、ラウリル硫酸Na(どちらもほぼ同じタイプ)をべーすにした超強力脱脂&浸透性高い洗浄剤。
日本のような軟水環境では、より誰にも向かない、どうしようもないほどダメな設計といっていいでしょう。

イライト(泥)が余計に脱脂力をあげ、肌荒れ・髪ダメージは必至の内容。

ユニークな形状に惹かれて購入してしまう方もいると思いますが、
これ以上悪影響があるものも少ない、というほどのレベルでダメなので、一度足りとも使わないことを推奨することとします。


[PR]

coquette(コケット) アロマシャンプー の全成分:

スルホコハク酸ラウリル2Na、ココアルキル硫酸Na、コムギデンプン、セテアリルアルコール、オレンジ果実水 、ウルシ果皮ロウ、シア脂、ラウリル硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、水、アルガニアスピノサ核油、ヤシ油アルキルグルコシド、イライト、香料、PCAラウリル、ステアリン酸グリセリル、グリセリン、リモネン、リナロール、ゲラニオール

主な成分の解説をみるスルホコハク酸ラウリル2Naは弱酸性でも起泡力が良好で、皮膚に滑り感やつっぱり感を残さない。高い洗浄力と生分解性が特徴。
ココアルキル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
イライトは粘土鉱物の一種で、クレイ系の中で最も吸収性、吸着性が強い結晶構造の微細成分。
リモネンはオレンジ、レモンなど柑橘系に多く含まれる精油成分。甘酸っぱい爽やかな香りが特徴。血流促進、リラックス効果を与えます。
リナロール は植物の香りを構成する成分の1つで、ラベンダーやベルガモットの様な香調を持ち、リラックス作用、抗鬱作用、皮膚細胞活性作用、抗菌・抗ウイルス効果を付与します。
ゲラニオールはバラの甘い香りを穏やかに含む精油の主成分で、パルマローザ油、シトロネラ油、ゼラニウム油に多く含まれる。

    coquette(コケット) アロマシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:0.6

  • 素材の品質:1
  • 安全性:
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:

  • 容量/(85g)ml
  • 価格/1512円
  • 1mlあたり/INF円

coquette(コケット) アロマシャンプー の宣伝文,商品説明:

コンディショナーいらずのノンシリコンオーガニックシャンプー。
シアバターやアルガンオイルなどのオーガニック成分配合。
毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂を取り除き、乾燥などに負けない強い地肌を育てます。
優しいアプリコットの香りにきめ細かな泡立ち。
すっきり感があるのに洗い上がりはしっとりサラサラな髪へと導きます。

[PR]
coquette(コケット) アロマシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム