シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
CRECOS(クレコス)ヘアソープ
(CRECOS(クレコス)
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

CRECOS(クレコス)ヘアソープ

CRECOS(クレコス)


CRECOS(クレコス)ヘアソープ のオススメレベル

CRECOS(クレコス)ヘアソープ の解析結果

ヘアソープでありながら、石鹸ベースというのはいただけません。


アルカリ性である石けんシャンプーのデメリットは、髪のキューティクルを開いてしまう、肌のセラミドを溶出させ、セラミドの産生を7時間前後遅らせる懸念がある。
また、水道水のミネラル分と結合して石鹸カスを生成し、髪のごわつきを生じさせ環境に悪影響を与える(富栄養化)問題があります。

ほとんど髪にメリットのないものをベースに据えては、評価が高くなりようがありません。

エキス類のクオリティは悪くないものの、抗酸化力や清浄作用といったメリットを活かす間もなく、石鹸のデメリットの方がはるかにタッチの悪さを発揮するでしょう。

これでは、全く罰ゲームのようなもの。
オリーブ油などの影響で多少まろやかなタッチにごまかさせるものの、しばらくすればいかにコンディショニングを低下させているか気づくでしょう。


[PR]

CRECOS(クレコス)ヘアソープ の全成分:

水(海洋深層水)・カリ石けん素地・グリセリン・ラウラミドプロピルベタイン・ヤシ脂肪酸グリセリル・アルギニン・ハチミツ・ヒアルロン酸Na・ダイズエキス(大豆フラボステロン)・センブリエキス・オリーブ油・コメヌカエキス・コメヌカ発酵エキス・コメ胚芽油・レイシエキス・オタネニンジン根エキス・ヘチマエキス・褐藻エキス・加水分解コンキオリン(真珠母貝エキス)・ローズマリーエキス・甘草エキス・クマザサエキス・シソ葉エキス・チャエキス・チョウジエキス・ラベンダー油・ローズ油

主な成分の解説をみるカリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
コメヌカエキスは収れん作用、ヒアルロン酸分解酵素阻害効果による保湿効果。
コメ発酵液はコメを酵母や麹、乳酸菌で発酵熟成して得たもので、セラミド合成の促進や保湿作用、肌荒れ防止効果が確認されています。
コメ胚芽油はγ-オリザノールの美白作用、ビタミンEの40-60倍もの抗酸化作用、フェルラ酸の紫外線吸収効果、抗菌作用、リノール酸、オレイン酸のエモリエント作用を付与します。
レイシエキスは霊芝の子実体を乾燥したもの。抗酸化作用に優れ、免疫増強作用を与える。
ヘチマエキスは粘液質、サポニンを含有し、保湿、抗炎症作用、皮膚に潤いを与える効果。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
クマザサ葉エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗炎症作用、抗菌作用。
シソ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、収れん作用、抗アレルギー作用、発汗作用。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。

    CRECOS(クレコス)ヘアソープ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/500ml
  • 価格/4320円
  • 1mlあたり/8.64円

CRECOS(クレコス)ヘアソープ の宣伝文,商品説明:

大豆イソフラボンの力や、ラベンダーとローズの香りが、心身をリラックスさせながら、女性ホルモンのような養毛効果を発揮。
クレコスならではの米ぬか発酵エキスも惜しみなくブレンド。
まるで、スキンケアのような配合で、毛髪、頭皮、そして養毛まで、すべてのケアを考えた石けんシャンプー。

[PR]
CRECOS(クレコス)ヘアソープ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム