シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ダルゴン シルキーシーンシャンプー
(ケップラボ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ダルゴン シルキーシーンシャンプー

ケップラボ


ダルゴン シルキーシーンシャンプー のオススメレベル

ダルゴン シルキーシーンシャンプー の解析結果

同シリーズのもう1つより、コンディショニング効果をプラスした一品。


ベースはラウレス硫酸Na、ベタイン、塩化Naという超安物、高洗浄。

一般的な市販製品よりも格下です。
レシチン、シルクがわずかに配合されていて、これが手触りを改善します。
ただし、ベースの安物感というのをカバーしきるほどではありません。
アンズはビタミンA様作用で皮膚の新陳代謝の改善、サフラワー油はオレイン酸やリノール酸リッチな保湿効果。
全体的には、やや平均点以下の凡庸品。
一般的な市販品の方が格上。
ただただ泡立ちが強く洗浄力も強い、というだけの一品。


[PR]

ダルゴン シルキーシーンシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、オレイン酸グリセリル、ヤシ油アルキルグルコシド、ジステアリン酸グリセリ ルアルコール、フェノキシエタノール、香料、ソルビン酸K、グリセリン、クエン酸、ステアリン酸グリセリル、パンテノール、ナイアシンアミド、イソプロパノール、安息香酸、変性アルコール、レシチン、安息香酸Na、加水分解シルク、アンズ果実エキス、サフラワー油、乳酸、トコフェノール、橙205

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。
ソルビン酸Kは非常にマイルドな食品にも使われる防腐剤。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ステアリン酸グリセリル(SE)のような古いタイプの自己乳化型乳化剤には石けんが乳化に使われている場合が多く、これは刺激の素ともいえます。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)はビタミンB3で、血流促進、コラーゲン産生促進、タンパク質の合成促進、皮脂抑制、抗ニキビ作用。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。アンズ果汁はビタミン、糖類、フラボノイド、タンニン、ケルセチン、イソケルセチンを含むエキスで、鎮静、保湿、代謝促進作用を付与。

    ダルゴン シルキーシーンシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/300ml
  • 価格/714円
  • 1mlあたり/2.38円

ダルゴン シルキーシーンシャンプー の宣伝文,商品説明:

オイルの膜で髪を包みこみ髪のキューティクルを滑らかにひかり輝かせるシャンプーです。

ナチュラルアプリコットとシルクから抽出した成分を配合。髪にシルクの様な輝きを与えます。

とってもフルーティーなナチュラルアプリコットの香りが、泡となって髪の毛を丁寧に洗い上げます。仕上がりも優しく香りが残ります。

[PR]
ダルゴン シルキーシーンシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム