シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
デラクシオプロCMC シャンプー
(千代田化学
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

デラクシオプロCMC シャンプー

千代田化学


デラクシオプロCMC シャンプー のオススメレベル

デラクシオプロCMC シャンプー の解析結果

ベース以外は標準より少し良いが


洗浄剤がラウレス硫酸Na。この一点で、他のメリットを有する成分を台無しにしています。
強い洗浄力、泡立ちを与え、安価であるこの洗浄剤は人体には過度な脱脂となります。


コンディショニング効果はある


セラミド、ペリセア、クオタニウム-33、アミノ酸配合により、仕上がりの潤滑性、ツヤ感を感じることと思われます。
しかし、粗い洗浄性をほんの一時的に誤魔化すため、という程度のコーティングですので、実際は肌にも髪にもデメリットの方が残るでしょう。
デメリットというのは、強い脱脂によるバリア成分の除去→乾燥といった順番で訪れます。


[PR]

デラクシオプロCMC シャンプー の全成分:

水・ラウレス硫酸Na・イソペンチルジオール・コカミドプロピルベタイン・コカミドDEA・グリセリン・セラミド2・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・アスコルビルグルコシド・クオタニウム‐33・コレステロール・アルギニン・アスパラギン酸・グリシン・アラニン・セリン・バリン・プロリン・トレオニン・イソロイシン・ヒスチジン・フェニルアラニン・PCA-Na・PCA・アイ葉/茎エキス・アルニカ花エキス・オドリコソウエキス・オランダカラシエキス・ゴボウ根エキス・セイヨウアカマツ球果エキス・セイヨウキズタエキス・ニンニクエキス・ローズマリーエキス・ローマカミツレ花エキス・ポリクオタニウム‐10・ジステアリルジモニウムクロリド・BG・PG・クエン酸・クエン酸Na・乳酸Na・塩化Na・水酸化K・イソプロパノール・メチルパラベン・プロピルパラベン・香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
アスコルビルグルコシドはビタミンCに糖をくっつけてビタミンCがすぐに分解されないように安定化した成分。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
アイエキスは藍の葉、茎から得たエキスで、トリプタンスリンを含有し、抗炎症・抗菌作用が優れ、美白効果、肌荒れ改善効果も示す。
イソペンチルジオールは多価アルコールであり、単に保湿剤、抗菌剤として使われる他、溶剤としても用いられる安全性の高いアルコールです。
ジステアリルジモニウムクロリドはカチオン界面活性剤として髪への吸着性がよく保護作用が高い。抗菌作用も持つ。

    デラクシオプロCMC シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/1000ml
  • 価格/1500円
  • 1mlあたり/1.5円

デラクシオプロCMC シャンプー の宣伝文,商品説明:

ダメージレスヘアデザインを実現するためのベース造りに素材からこだわった「プロフェッショナルユース」のシャンプーです。
シリコンフリー・無着色処方

[PR]
デラクシオプロCMC シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム