シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ディストリス シャンプー 
(セプテム/septem
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ディストリス シャンプー 

セプテム/septem


ディストリス シャンプー  のオススメレベル

ディストリス シャンプー  の解析結果

ほぼ石鹸のようなシャンプー


ココイルグリシンKという、アルカリ性を好み、刺激性がやや高く、石鹸のような脱脂性や仕上がりの洗浄剤をベースに構成。
添加成分により多少マイルドに調整されていますが、全体を通して品質を感じることの少ない仕上がり。

洗浄力が強く、粗い使用感であり、ダメージヘアには全く向かず、肌の弱い人にもダメ。
さらに高額で、おすすめしたくなるような構成とはいえません。

単に石鹸シャンプーだと思ってもいいくらい、性質は石鹸に似通っています。


[PR]

ディストリス シャンプー  の全成分:

水、ココイルグリシンK、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸グリコール、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、BG、ラベンダーエキス、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、トレオニン、アルギニン、リシン、グルタミン酸、パンテニルエチル、ココイルメチルタウリンNa、ポリクオタニウム-10、クエン酸、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

主な成分の解説をみるココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油はピロリドンカルボン酸と多価アルコールによる非イオン界面活性剤で、増粘、乳化安定、可溶化剤として優れた成分。
ラベンダー花エキスは抗酸化作用、抗炎症、抗菌、発汗作用。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。

    ディストリス シャンプー  の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/500ml
  • 価格/4320円
  • 1mlあたり/8.64円

ディストリス シャンプー  の宣伝文,商品説明:

保湿力に優れ、マイルドな洗浄性を持つアミノ酸系洗浄成分が、髪と頭皮にうるおいを与えながら、やさしく汚れを洗い流します。
ラベンダーエッセンシャルオイルに、フローラルの香りをブレンドした、心地良くやさしい香りです。

[PR]
ディストリス シャンプー  2017 (c)シャンプー解析ドットコム