シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ナカノ デスピナ ストレート ボリュームアップシャンプー
(ナカノ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ナカノ デスピナ ストレート ボリュームアップシャンプー

ナカノ


ナカノ デスピナ ストレート ボリュームアップシャンプー のオススメレベル

ナカノ デスピナ ストレート ボリュームアップシャンプー の解析結果

下品なシャンプーという他にない。


その理由は、ベースのラウレス硫酸TEA。まずこれ。洗浄力高すぎ。
ラウロイルサルコシンTEAも若干ではあるが刺激性の高めな部類の洗浄剤だ。ラウレス硫酸とのコンビはヤバイ。
そしてステアラミドエチルジエチルアミン。これカチオン界面活性剤で、3級カチオンなのでやや刺激性は低いが、シャンプーの中では充分に刺激性を感じる可能性を感じさせる成分。
さらに、ラウリル硫酸TEA。これは言うまでも無いか。
中には悪くない成分もチラホラ配合があって、酸性石けん、ココイルグルタミン酸TEA、ココアンホ酢酸Na、ラウロイルアスパラギン酸Naで使用感の向上、刺激性の低下を促しています。
ポリクオタニウム-48もコンディショニング効果の実感系成分ですね。
ただしかし、お粗末な内容に終始している感はアリアリで、値段ほどの価値は内包されているとは言えません。

この程度であれば巷にいくらでもあるレベルなので、あえて選ぶほどのオススメポイントもありません。

まして、ストレート、ボリュームアップという効果がこのシャンプーから得られると思ったら間違いです。


[PR]

ナカノ デスピナ ストレート ボリュームアップシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸TEA、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-3酢酸Na、ラウラミドDEA、ココイルグリシンK、ココアンホ酢酸Na、ラウロイルアスパラギン酸Na、チャ葉エキス、加水分解ハトムギ種子、ラウロイル加水分解シルクNa、ラウロイルサルコシンTEA、 クオタニウム-33、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ポリクオタニウム-10 (メタクリロイルエチルベタイン/塩化メタクリロイルエチルアンモニウム/メタクリル酸ヒドロキシエチル)コポリマー、ステアラミドエチルジエチルアミン、 ラウリル硫酸TEA、クエン酸、水酸化Na、BG、エタノール、安息香酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、黄203、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸TEAは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウレス-3酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ラウロイルアスパラギン酸Naはラウリン酸とアミノ酸であるアスパラギン酸のNa塩が結合した洗浄成分。起泡性に優れ、洗浄力・泡保持性、泡切れの良さが優れる低刺激性の高級洗浄剤。
ハトムギ種子エキスは保湿、肌荒れ改善、メラニン生成を抑制、表皮細胞増殖促進作用。
ラウロイル加水分解シルクNaは補助洗浄剤として主に用いられ、親和性の高さを活かして感触をシルキーに特徴づけます。
ラウロイルサルコシンTEAは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
(メタクリロイルエチルベタイン/塩化メタクリロイルエチルアンモニウム/メタクリル酸ヒドロキシエチル)コポリマーはポリクオタニウム-48と呼ばれ、静電気の発生を抑え指通りを改善。
ステアラミドエチルジエチルアミンは皮膚刺激が低く目などの粘膜にも穏和。クシ通りを改善する効果を持つカチオン界面活性剤。
ラウリル硫酸TEAは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。

    ナカノ デスピナ ストレート ボリュームアップシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/300ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/7.2円

ナカノ デスピナ ストレート ボリュームアップシャンプー の宣伝文,商品説明:

クセ毛を扱いやすく、スタイリングしやすい髪にし、ストレートパーマの効果を保ち、
美しく洗い上げます。
アミノ酸、加水分解ハトムギ種子、ケラチンPPT、シルクPPTが毛髪内部を補修します。
また、ヒートアクティブPPTをヘア内部に浸透させることでストレートパーマの持続性とクセのおさまりを向上させます。

[PR]
ナカノ デスピナ ストレート ボリュームアップシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム