シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
DHC Q10美容液 シャンプー
(DHC
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

DHC Q10美容液 シャンプー

DHC


DHC Q10美容液 シャンプー のオススメレベル

DHC Q10美容液 シャンプー の解析結果


ベースのヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、そしてセラミド、ペリセア、コンキオリン、シリコンといったあたりは、非常にコンディショニング効果を意識して造られた跡が覗えます。
ベース洗浄剤にココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEAと並ぶあたりも、マイルド感を意識、使用感に優れた一品と見ることが出来るでしょう。
ただ、何事も行き過ぎはいけません。
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドは、とても持続性の長い部類のカチオン界面活性剤(コンディショニング効果付与)成分で、通常シャンプーに配合することはないもの。
カチオン界面活性剤のタンパク変性作用、刺激性を考えれば、無謀ともいえる処方です。
いくらサラサラ感を強調したいという場合でも、このような強力なカチオン界面活性剤を入れてしまうことは賛成できません。
シリコンに関しては、入っていてもなくても頭皮に悪影響というのはほとんどありませんが、これは別。
相当肌に対してショックの強い部類とみていいでしょう。


[PR]

DHC Q10美容液 シャンプー の全成分:

水、ココイルメチルタウリンNa、ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン、コカミドMEA、ココイルグルタミン酸2Na、ラウリルグルコシド、ジステアリン酸グリコール、エタノール、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PCA-Na、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、オリーブ油、ユビキノン、アセチルヒアルロン酸Na、セラミド3、水溶性コラーゲン、ユーカリエキス、加水分解コンキオリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ココイルグルタミン酸Na、ビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコン、ポリクオタニウム-10、ラウリン酸、ステアリルアルコール、セタノール、エチドロン酸、クエン酸、水酸化Na、BG、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシンはカラーロック効果のある洗浄剤で、指滑り、きしみ緩和効果あり。比較的さっぱりした仕上がりのマイルドな洗浄剤です。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
セテアレス-60ミリスチルグリコールは増粘性と泡安定性の付与。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
さんユビキノンはご存知コエンザイムQ10。抗酸化作用を付与します。

    DHC Q10美容液 シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/550ml
  • 価格/1852円
  • 1mlあたり/3.37円

DHC Q10美容液 シャンプー の宣伝文,商品説明:

髪と地肌をケアしながら汚れを落とす「美容液シャンプー」
濃密な泡で髪と地肌をケアしながら、汚れを包んでしっかり落とす、美容液シャンプー。
洗浄主成分に、髪と地肌にやさしいアミノ酸系洗浄成分を採用。豊かな泡立ちできしみをおさえ、うるおいを守りながら汚れを洗い落として、毛先までなめらかな仕上がりが実現します。 天然のローズやゼラニウムを配合した、上品なスイートローズの香り。

[PR]
DHC Q10美容液 シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム