シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
DHCスカルプクレンジング シャンプー
(DHC
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

DHCスカルプクレンジング シャンプー

DHC


DHCスカルプクレンジング シャンプー のオススメレベル

DHCスカルプクレンジング シャンプー の解析結果

クレンジングシャンプーというより単なる安物



洗浄力がいたずらに高いラウレス硫酸Naをベースに、エタノールの配合も多く、余計に脱脂しような予感がぷんぷんする内容。
クレンジングシャンプーと名乗っているので間違いではありませんが、程度の問題でアウト。
この設定はほとんどの場合過剰な洗浄力といえます。

コストパフォーマンスも悪く、特に際立った補助成分があるわけでもなく、単に残念なだけのシャンプーというより他ありません。


[PR]

DHCスカルプクレンジング シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、エタノール、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドMEA、デシルグルコシド、ジステアリン酸グリコール、ジメチコン、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、褐藻エキス、オリーブ油、ラウリン酸、エチドロン酸、安息香酸Na、フェノキシエタノール、クエン酸、水酸化Na、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
デシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
エチドロン酸はキレート(金属封鎖)剤の一種で、1-ヒドロキシエタン-1 1-ジホスホン酸という物質名の有機リン化合物。製品の品質保持剤、もしくは髪のコンディションアップで配合。

    DHCスカルプクレンジング シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/550ml
  • 価格/1523円
  • 1mlあたり/2.77円

DHCスカルプクレンジング シャンプー の宣伝文,商品説明:

頭皮に残った余分な皮脂や汚れはもちろん、落としにくいスタイリング剤も毛穴からしっかり落とすシャンプーです。
頭皮は身体の中でも皮脂腺が多くベタつきがちな部分なので、通常の洗髪ではなかなか汚れが落としにくいもの。
頭皮の汚れやベタつきを充分に落とさないままにしておくと、雑菌が繁殖してフケやかゆみといったトラブルの原因となるほか、スタイリングも決まりにくくなります。
「DHCスカルプクレンジング シャンプー」は、肌をいたわりながら汚れをしっかり洗い上げるトウモロコシ由来の低刺激洗浄成分アルキルグルコシド(特許出願中)を配合。
髪と頭皮に必要なうるおいを守りながら、きめ細かな泡が落としにくい頭皮や髪の汚れを包み込んでスッキリ落とします。
また、地肌を清潔に整える海藻エキス、うるおい成分オリーブバージンオイルもプラス。
洗い上がりのコンディションを長時間キープします。
天然のエッセンシャルオイルなどを多彩にブレンドした、みずみずしく涼やかなシトラスフレッシュの香り。
いつもの頭皮・毛髪のお手入れにお使いください。

[PR]
DHCスカルプクレンジング シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム