シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ディブ ディープリペアシャンプー
(熊野油脂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ディブ ディープリペアシャンプー

熊野油脂


ディブ ディープリペアシャンプー のオススメレベル

ディブ ディープリペアシャンプー の解析結果

ベースは単なる安上がり設計ですが、添加剤は少し質が良い。


基本的には粗悪なシャンプーに過ぎません。ただ、

エモリエント作用やカチオン化ケラチンといった機能性の高い補修成分が配合されていることで、仕上がりは比較的印象の良いタッチとなるでしょう。

擬似セラミドやはちみつなどは地味に効果が高い保湿作用を示しますし、

中盤は悪くない質といえる一品です。

仕上がりの感触などは一定の満足感を得られるでしょう。
しかし、基本となる洗浄剤はお世辞にも上質とはいえず。

よほど洗浄力の強いものを探していて、かつ肌にあまり負担をかけすぎないものを探している場合は良いですが。。


[PR]

ディブ ディープリペアシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、コカミドDEA、PG、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸K、ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、塩化Na、ポリクオタニウム‐10、ヒアルロン酸Na、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、アルギニン、シア脂、ハチミツ、パンテノール、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン、加水分解シルク、ラウラミノプロピオン酸Na、BG、クエン酸、変性アルコール、EDTA‐4Na、エチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ココイルグルタミン酸K皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドはセラミド1を模倣した構造に合成した擬似セラミド。細胞間脂質であるセラミドを補給し、肌の保水機能を改善します。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチンはカチオン化されたケラチンで、ダメージ部への吸着性に優れたハリ・コシ改善、指通り向上作用を付与。
ラウリミノジプロピオン酸Naは両性界面活性剤で洗浄剤の刺激緩和やコンディショニング効果を与えます。

    ディブ ディープリペアシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/300ml
  • 価格/409円
  • 1mlあたり/1.36円

ディブ ディープリペアシャンプー の宣伝文,商品説明:

毎日のダメージで傷んだ髪を芯から補修。髪本来のハリとコシを取り戻し、丈夫な髪へと導きます。
高保湿成分アミノ酸+プロビタミンB5が髪の奥まで浸透し、うるおいのあるスタイリングも思い通りの髪に。
きめ細かな泡が髪の根元までいきわたり、地肌の汚れもすっきりと洗い流します。
動くたび香る、魅力的でスタイリッシュな香り。

[PR]
ディブ ディープリペアシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム