シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
dプログラム ヘア&スカルプシャンプーAD
(資生堂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

dプログラム ヘア&スカルプシャンプーAD

資生堂


dプログラム ヘア&スカルプシャンプーAD のオススメレベル

dプログラム ヘア&スカルプシャンプーAD の解析結果

低刺激に作ろうとしたけど、やっちゃったパターン


ヘア&スカルプという名称にあるとおり、結局どちらにもいい顔しようとして極めて中途半端になった一品の典型です。
洗浄剤は腫れ物を触るかのような洗った感が乏しい構成で、上質さを通り越して物足りない気分にさせられそうなもの。
かと思えば、ステアラミドプロピルジメチルアミンのようなカチオン界面活性剤を配合して髪の指通りを直接的によく見せようとする。
4級カチオン界面活性剤に比べてマイルドな3級とはいえ、頭皮環境系製品には入ってほしくないタイプの成分です。


頭皮の洗浄はあまりできず、かといって有効成分を浸透させるでもない、それどころか髪をさらっとさせるために頭皮に負担を強いる。
そのわりにコンディショニングが高いわけではなく'マイルドなシャンプーで洗った'程度の仕上がり。

これでは何のためにこのシャンプーを使うのか意味不明であり、満足感を得たり頭皮を改善させたりすることなど期待するのが難しいように思えてならない一品です。


[PR]

dプログラム ヘア&スカルプシャンプーAD の全成分:

水、ラウロアンホ酢酸Na、エタノール、ココイルメチルタウリンNa、PEG-60水添ヒマシ油、ラウリン酸PG、グリセリン、ジステアリン酸グリコール、エリスリトール、ミリストイルメチルタウリンNa、ポリクオタニウム-10、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ローズマリー油、グリチルリチン酸2K、ヨモギ葉エキス、クエン酸、ステアリン酸、メタリン酸Na、オレンジ油、BG、トコフェロール

主な成分の解説をみるラウロアンホ酢酸Naは肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与えるタイプの補助的洗浄剤。ややさらさらな仕上がり。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウリン酸PGは微量でアニオン界面活性剤の粘度増強、泡立ち改善効果を示す。このシャンプーの物足りなさをカバーする目的と言い換えてもいいでしょう。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
ローズマリー油はシソ科のエキスで消臭・静菌・抗酸化作用を持ち、ヨーロッパでは肉の鮮度向上のために料理に使われる。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ヨモギ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、皮脂の抑制、収斂作用、抗菌作用、抗炎症作用。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。

    dプログラム ヘア&スカルプシャンプーAD の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/200ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/8.1円

dプログラム ヘア&スカルプシャンプーAD の宣伝文,商品説明:

デリケートな頭皮を守りながら、汚れや汗をやさしく取り去る低刺激シャンプーです。
フケ・かゆみを抑えて、髪をなめらかに洗い上げます。高保水性成分配合。
無香料・無着色。パラベン(防腐剤)・鉱物油無添加。弱酸性。

[PR]
dプログラム ヘア&スカルプシャンプーAD 2017 (c)シャンプー解析ドットコム