シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ドクターオーガニック ローズ シャンプー
(ドドジャパン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ドクターオーガニック ローズ シャンプー

ドドジャパン


ドクターオーガニック ローズ シャンプー のオススメレベル

ドクターオーガニック ローズ シャンプー の解析結果

ベース以外はまずまず良好・・ベース以外は。


アミノ酸系洗浄剤の中でも最も刺激性の強い部類であるラウロイルサルコシンNaをベースに、柔軟剤パルミタミドプロピルトリモニウムクロリド配合、エキス類は抗炎症・整肌効果、防腐剤にマイルドなソルビン酸K採用のシャンプーです。

ベースの水系にアロエ汁を採用し、マイルド感を高めていますが、ラウロイルサルコシンNaはとても洗浄力が強く刺激も高いやや暴れん坊系。
防腐剤や水系で低刺激性を垣間見せているだけに、洗浄剤のチョイスはやや残念。
そして、やや高額に感じる内容で、バラの香りも良いのですがややバランスを欠いた一品と見ることができるシャンプーです。


[PR]

ドクターオーガニック ローズ シャンプー の全成分:

アロエベラ液汁、ラウロイルサルコシンNa、ココアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、水、パルミタミドプロピルトリモニウムクロリド、ヤシ油アルキルグルコシド、オレイン酸グリセリル、香料、セスキカプリル酸ソルビタン、ニオイテンジクアオイ油、チョウジ花油、ダマスクバラ花油、ダマスクバラ花エキス、チャボトケイソウエキス、セイヨウシナノキ花エキス、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、アスコルビン酸、ソルビン酸K、ヒドロキシメチルグリシンNa、クエン酸、シトロネロール、ゲラニオール

主な成分の解説をみるアロエ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
ラウロイルサルコシンNaは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
パルミタドプロピルトリモニウムクロリドはシャンプーにも完全に溶解できるカチオン界面活性剤/コンディショニング成分で、増粘効果、保湿・ライトなタッチを付与。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。
ダマスクバラ花油はブルガリアの稀少なバラ精油で、リラックス、女性ホルモン様作用、脳の活性化、消化器の活性化、更年期障害の軽減、汗、加齢臭を軽減、異性を惹きつける効果。
チャボトケイソウ花エキスはトケイソウ科植物でパッションフラワーと呼ばれる。花から抽出したエキスは抗酸化作用のあるイソビテキシンなどのフラボン配糖体を含む。抗炎症、抗酸化、血行促進。
シナノキエキスは保湿収れん、血行促進作用。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。

    ドクターオーガニック ローズ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/265ml
  • 価格/1512円
  • 1mlあたり/5.71円

ドクターオーガニック ローズ シャンプー の宣伝文,商品説明:

やさしい使い心地のオーガニック・ヘアシャンプー
Dr.Organicのローズラインはローズ・オットーオイルをぜいたくに配合した、乾燥やエイジングケア※に最適なスキンケアラインです。お肌の状態を整え、いきいきとしたハリのあるクリアな肌へと導きます。(※年齢に応じたスキンケアのこと)
ヘアケアは頭皮と髪にうるおいを与えながら、コシのある美しい髪へと整えます。
乾燥によるパサつきを抑え、髪にボリューム感を与えます。

[PR]
ドクターオーガニック ローズ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム