シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ドクターオーガニック ヴァージンオリーブオイル シャンプー
(ドドジャパン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ドクターオーガニック ヴァージンオリーブオイル シャンプー

ドドジャパン


ドクターオーガニック ヴァージンオリーブオイル シャンプー のオススメレベル

ドクターオーガニック ヴァージンオリーブオイル シャンプー の解析結果

ベース洗浄剤以外はそこそこ感触の良い一品。。


アミノ酸系洗浄剤の中でも最も刺激性の強い部類であるラウロイルサルコシンNaをベースに、柔軟剤パルミタミドプロピルトリモニウムクロリド配合、エキス類は抗炎症・整肌効果、防腐剤にマイルドなソルビン酸K採用のシャンプーです。

ベースの水系にアロエ汁を採用し、マイルド感を高めていますが、ラウロイルサルコシンNaはとても洗浄力が強く刺激も高いやや暴れん坊系。
防腐剤や水系で低刺激性を垣間見せているだけに、洗浄剤のチョイスはやや残念。
そして、やや高額に感じる内容で、ややバランスを欠いた一品と見ることができるシャンプーです。


[PR]

ドクターオーガニック ヴァージンオリーブオイル シャンプー の全成分:

アロエベラ液汁、ラウロイルサルコシンNa、ココアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、水、パルミタミドプロピルトリモニウムクロリド、ヤシ油アルキルグルコシド、オレイン酸グリセリル、香料、セスキカプリル酸ソルビタン、オリーブ葉エキス、レモン果皮エキス、ブドウ葉エキス、タチジャコウソウ葉エキス、ソルビン酸K、クロフサスグリ果実エキス、アスコルビン酸、ヒドロキシメチルグリシンNa、クエン酸、アミルケイヒアルデヒド、サリチル酸ベンジル、ゲラニオール、ヒドロキシシトロネラール、リナロール

主な成分の解説をみるアロエ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
ラウロイルサルコシンNaは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
パルミタドプロピルトリモニウムクロリドはシャンプーにも完全に溶解できるカチオン界面活性剤/コンディショニング成分で、増粘効果、保湿・ライトなタッチを付与。
オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。
レモン果皮油はリフレッシュ効果、デオドラント効果、収れん(肌の引き締め)、抗菌、殺菌作用を持つ精油です。
ブドウ葉エキスは保湿・抗酸化作用。
タチジャコウソウエキスはシソ科、葉・茎から抽出。香辛料としても用いられます。抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、収斂、抗菌作用などを付与。
クロフサスグリ種子油はカシスの種から抽出した肌荒れ改善、脂質増加促進作用成分。
サリチル酸ベンジルは穏やかな甘い香りを持つ花香料の保留剤として用いられます。
ゲラニオールはバラの甘い香りを穏やかに含む精油の主成分で、パルマローザ油、シトロネラ油、ゼラニウム油に多く含まれる。

    ドクターオーガニック ヴァージンオリーブオイル シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/265ml
  • 価格/1512円
  • 1mlあたり/5.71円

ドクターオーガニック ヴァージンオリーブオイル シャンプー の宣伝文,商品説明:

やさしい使い心地のオーガニック・ヘアシャンプー
Dr.Organicのオリーブラインはオリーブ由来の成分でつくられたスキンケアラインです。肌をなめらかに整えて乾燥によって水分が失われるのを防ぎ、紫外線や乾燥によるダメージから肌を守ります。
ヘアケアはうるおいを補給し、乾燥に負けない健やかな髪へと導きます。

[PR]
ドクターオーガニック ヴァージンオリーブオイル シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム