シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ドクタースカルプ エクセレンス スカルプシャンプー
(WILLA
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ドクタースカルプ エクセレンス スカルプシャンプー

WILLA


ドクタースカルプ エクセレンス スカルプシャンプー のオススメレベル

ドクタースカルプ エクセレンス スカルプシャンプー の解析結果

シルクの主成分フィブロイン含有のシャンプー


さぞかしシルキーな感触かと期待しましたが、先頭の洗浄剤が少しがっくり。

ココイルグリシンKという、石鹸に似た特性のアルカリ好きで脱脂力高く、刺激性が心配される洗浄剤です。
2番手にフィブロインが来ているあたりは評価できますが、添加成分はさながらコンディショナーのよう。


油分だらけのシャンプー


キャンデリラロウ、クインスシードエキスをはじめ、ヤシ油、カカオ脂、シアバター、ハチミツ、オリーブ油、大豆油(一例です。)などなど、
もはや洗うのかくっつけるのか分からないような内容に。
たっぷりと油分を髪に残して感触を良く演出しようという意図は感じられます。
ただ、ここまで多種多様なオイルを配合していると、フィブロインの意味もあまりなくなっているのでは、と感じさせますし、
洗浄剤と各種オイルの性格もわりと違うので、ちぐはぐな設計と思われてもしようがない印象です。


[PR]

ドクタースカルプ エクセレンス スカルプシャンプー の全成分:

水、ココイルグリシンk、フィブロイン、ダイズ油脂肪酸、BG、オリーブ油、ホホバ種子油、ラベンダー油、ヤシ油、カカオ脂、シア脂、グリセリン、ハチミツ、キャンデリラロウ、リンゴ酸ジイソステアリル、クインスシードエキス、アルギン酸Na、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ベヘニルアルコール、グアーヒドロキシプロピルトリモ二ウムクロリド、ヒドロキシプロピルグアーガム、トコフェロール、メチルパラベン、プロピルパラベン

主な成分の解説をみるココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
フィブロインは絹の70-80%を構成する繊維状たんぱく質で、乳化力・使用感の改善や、皮膚細胞生育促進性を持つ。多孔質であるため、通気性,水蒸気透過性があり、さらっとした感触を付与。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
カカオエキスは脂肪の蓄積抑制、吸収阻害、抗酸化作用を付与。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
キャンデリラロウは自らを乾燥から守るために分泌している樹液を茎から抽出した天然の植物ロウで、アレルギー性が低く光沢と固さを与える。
リンゴ酸ジイソステアリルは難溶性成分の溶解力が高いエステルで、肌にはさらっとした感触を与えます。
クインスシードエキスは保湿・感触改善効果。

    ドクタースカルプ エクセレンス スカルプシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/300ml
  • 価格/3990円
  • 1mlあたり/13.3円

ドクタースカルプ エクセレンス スカルプシャンプー の宣伝文,商品説明:

フィブロインに含まれた栄養たっぷりのアミノ酸エッセンスで頭皮・毛髪を洗う感覚!
体を洗っている間、シャンプーは流さず放置し、豊富なタンパク質を髪に浸透させていきます。
洗浄剤は天然由来のもを使用。敏感肌の方にも配慮し、頭皮や髪への優しさにこだわっています。
角質層にある天然保湿因子中に含まれる「グリシン」「アラニン」「セリン」の3種類のアミノ酸を特に多く含むので、保湿効果に優れ頭皮にハリや弾力を与えます。

[PR]
ドクタースカルプ エクセレンス スカルプシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム