シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Dr.ウィラード・ヘアシャンプー
(ウィラード・ウォーター
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

Dr.ウィラード・ヘアシャンプー

ウィラード・ウォーター


Dr.ウィラード・ヘアシャンプー のオススメレベル

Dr.ウィラード・ヘアシャンプー の解析結果

ベビーシャンプー的な弱めシャンプー


洗浄性のおとなしさ、人畜無害な印象はベビーシャンプーを思わせる内容。
アミノ酸系のココイルメチルタウリンNaをベースとして、さらに両性界面活性剤のココアンホ酢酸Naでクッションのように刺激を和らげる構成。
使っていて面白みはほとんどなさそうだが、適度に泡立つし弱め洗浄力ながらさっぱり寄りの仕上がりは扱いやすいかもしれません。
セチルジメチコンコポリオールがわずかにコンディショニング効果をプラスしているあたりも、気がきいたサービスと捉えることができるでしょう。

デメリットといっていいのか、逆に考えると個性がなく、整髪料があると洗いづらく、特に目立ったメリットも残さない静かなシャンプーでもあります。
肌の弱い人にはもちろん好ましいシャンプーであることは間違いありません。
その点を重視しない方には、やや物足りないか。


[PR]

Dr.ウィラード・ヘアシャンプー の全成分:

水、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEA、ココアンホ酢酸Na、ペンチレングリコール、ココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸グリコール、ミリスチルアルコール、クエン酸、ポリクオタニウム-10、セチルジメチコンコポリオール、ムクロジエキス、ホホバ油、ケイ酸Na油、塩化Ca、硫酸Mg

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
セチルジメチコンコポリオールは、アルキル基、ポリエーテル基をもち、安定性が高く、軽いタッチが特徴。
ムクロジエキスはサポニンを豊富に含んでおり、抗菌・抗炎症作用を付与。
ホホバ油はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。

    Dr.ウィラード・ヘアシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/415ml
  • 価格/2926円
  • 1mlあたり/7.05円

Dr.ウィラード・ヘアシャンプー の宣伝文,商品説明:

ウィラード・ウォーターをはじめ、ムクロジなどから抽出した植物性保湿成分が髪を潤します。
仕上がりは、リンスがいらないほどつるつるとした髪へ。
シャンプーによる髪への負担を極力抑えたのもこのシャンプーの大きな特長。
髪の毛の水分の吸収量が大幅にアップし、使いつづけるほどに髪のツヤやハリが蘇ります。

[PR]
Dr.ウィラード・ヘアシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム