シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
エルコス アミノウォッシュ(シャンプー)
(エルコス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

エルコス アミノウォッシュ(シャンプー)

エルコス


エルコス アミノウォッシュ(シャンプー) のオススメレベル

エルコス アミノウォッシュ(シャンプー) の解析結果

コンディショニング効果重視の感触改良系シャンプー。


価格的にもハードルの高いシャンプーでありますが、
質としては見合ったものになっているでしょうか。

大きな特徴として、シルク、セリン、ラウロイル加水分解シルクNaあたりのシルキーな成分が仕上がりにサラサラ感を残し、
洗浄中においてはビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコンのウエット時のきしみを軽減する効果が使用感のストレスを軽減する。

アミノ酸各種の親和力のある保湿性や、ペリセアの洗浄剤刺激の緩和、被膜、保湿、浸透、ハリコシといった即効性補修効果も期待。
可も無く不可も無くといったレベルですが、謳い文句にある「シルクアミノ酸誘導体を洗浄基剤に」というのは嘘。
その配合量は、ほんのわずかに添加した程度で、実際はタウリン、グルタミン系がベース。
マイルドで刺激の少ない洗浄剤ですが、コンディショニング効果はさほどではありません。

総合すると、

平均的なものよりは幾分見どころのある内容ではありますが、洗っている時の使用感や仕上がりに関しても
質の高い補修効果の末の感触というより、安っぽい演出と言った方が近いような内容です。
本物を求めている場合は、あまり手にしたくないタイプかもしれません。
悪くないのですが、一級品ではありません。


[PR]

エルコス アミノウォッシュ(シャンプー) の全成分:

水、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ラウロイル加水分解シルクNa、ベタイン、セリン、加水分解シルク、ポリクオタニウム-10、ビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコン、グルタミン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、グリチルリチン酸2K、クエン酸Na、アルギニン、トレオニン、グリシン、アラニン、リシン、プロリン、香料、PEG-20ソルビタンココエート、PCA-Na、エタノール、ソルビトール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、フェノキシエタノール、水酸化Na

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロイル加水分解シルクNaは補助洗浄剤として主に用いられ、親和性の高さを活かして感触をシルキーに特徴づけます。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコンはアミノ基にPGを付加し両末端をアルコキシ基で封鎖。透明、指通り、もつれ改善、色持ち持続効果。
アミノ誘導体シリコーン。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。

    エルコス アミノウォッシュ(シャンプー) の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.2

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/300ml
  • 価格/3327円
  • 1mlあたり/11.09円

エルコス アミノウォッシュ(シャンプー) の宣伝文,商品説明:

シルクアミノ酸誘導体を洗浄機剤にしたヘアサロン向けシャンプーです。
ストレートパーマやウェーブをかけた髪、もっとツヤとなめらかさを求める方に適しています。

[PR]
エルコス アミノウォッシュ(シャンプー) 2017 (c)シャンプー解析ドットコム