シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
enherb(エンハーブ) リバイタライズ シャンプー
(SUNTORY
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

enherb(エンハーブ) リバイタライズ シャンプー

SUNTORY


enherb(エンハーブ) リバイタライズ シャンプー のオススメレベル

enherb(エンハーブ) リバイタライズ シャンプー の解析結果

たっぷりと低刺激な洗浄剤にアンチエイジングなエキスを織り交ぜた一品。


しっとりとした低刺激処方のシャンプーで、エキス類の質もまずまず良質な部類といえるでしょう。
主に肌の若々しさを保持するような効果を得意としていて、一定の年齢を超えた方に適した内容といえます。

マイルドで良い印象は残る一品。
後半に少し髪のコンディショニング効果も狙った成分がやや雑な印象もありますが、
総合的には頭皮に優しくコンディションアップを目論むには良い選択肢といえます。
エイジングケア用の穏やかな一品と見ていいでしょう。
傑出したものはありませんが、日常使いにほんのりとした好感の持てる使用感だといえます。


[PR]

enherb(エンハーブ) リバイタライズ シャンプー の全成分:

水、グリセリン、コカミドプロピルべタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、BG、ココイルグルタミン酸TEA、ショウガ根エキス、セージ葉エキス、ヨーロッパブナ芽エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、カンゾウ根エキス、ホホバ種子油、ローズマリーエキス、加水分解ローヤルゼリーエキス、バニリルブチル、テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル、べヘナミドプロピルジメチルアミン、ポリクオタニウム-10、ペンテト酸5Na、ラウロイルサルコシンイソプロピル、クエン酸、塩化Na、トコフェロール、安息香酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるグリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ショウガ根茎エキスはショウキョウと呼ばれ、エラスチン保護、血流改善による肌のハリを保つ効果。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。
ヨーロッパブナ芽エキスはケラチノサイトのタンパク質合成を促進、保湿、皮膚平滑効果。
ウンシュウミカン果皮エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、血行促進作用、抗アレルギー作用。
甘草エキスはグリチルリチンを含有する抗炎症エキスで、優れた消炎、刺激緩和作用を付与。また、グラブリジンによる美白作用も与えます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。
バニリルブチルはバニラビーンズから得た成分で、優れた温感作用や血行促進効果による脂肪燃焼作用を付与します。
ベヘナミドプロピルジメチルアミンは3級カチオン界面活性剤で低刺激ですがコンディショニング効果は高くない成分。

    enherb(エンハーブ) リバイタライズ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.2

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/250ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/8.64円

enherb(エンハーブ) リバイタライズ シャンプー の宣伝文,商品説明:

サントリーウエルネスとハーブ専門店enherb(エンハーブ)共同開発商品。
年齢とともに乾燥しがちな女性の地肌のために、若いハーブの力を凝縮したハーブエナジー成分を配合。
地肌環境をサポートするハーブと、やさしく洗い上げるアミノ酸系洗浄成分にこだわり、みずみずしくすこやかな地肌へ洗い上げます。

[PR]
enherb(エンハーブ) リバイタライズ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム