シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Eral (イーラル) ピュアシャンプー 
(Eral (イーラル)
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

Eral (イーラル) ピュアシャンプー

Eral (イーラル)


Eral (イーラル) ピュアシャンプー のオススメレベル

Eral (イーラル) ピュアシャンプー の解析結果

低刺激処方を意識したシャンプーに違いありませんが、


パーフェクトとまではいえない「そこそこ低刺激系シャンプー」という印象です。
両性界面活性剤とアミノ酸系洗浄剤による処方は充分にマイルド感を提供していますが、部分部分で少し刺激成分があるようです。

ほとんどが両性界面活性剤で構成された洗浄剤がマイルド。
比較的サッパリ系の仕上がりですが、低刺激でやさしい泡立ちに包まれるでしょう。
シンプルな「洗う」ことに集中した低刺激クレンジングシャンプーという印象で、
肌にやさしいシャンプーを好む方には選択肢の1つになり得るタイプです。

ただし、このタイプの中では若干肌刺激の可能性を感じる成分がいくつかあるため、完全にマイルドと言い切れない側面も持ち合わせています。


[PR]

Eral (イーラル) ピュアシャンプー の全成分:

水,コカミドプロピルベタイン,ブドウ種子アンホ酢酸Na,ココイルメチルタウリンNa,ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン,ラウロイルアスパラギン酸Na,チンピエキス,ラウロイルアルギニン,ラベンダー油,パンテノール,ラウロイルメチルアラニンNa,ポリクオタニウム-10,コカミドMEA ジステアリン酸PEG-150,リンゴ酸,塩化Na,サリチル酸,エタノール,エチルヘキシルグリセリン,安息香酸Na,香料

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ブドウ種子アンホ酢酸Naも両性界面活性剤で、コンディショニング効果を与えつつ刺激緩和、粘度調整を担います。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウラミドプロピルヒドロキシスルタインは低刺激性の両性界面活性剤で、起泡性の向上と洗浄中のコンディショニング効果を与えます。
ラウロイルアスパラギン酸Naはラウリン酸とアミノ酸であるアスパラギン酸のNa塩が結合した洗浄成分。起泡性に優れ、洗浄力・泡保持性、泡切れの良さが優れる低刺激性の高級洗浄剤。
チンピエキスはミカンの果皮エキス。血行促進、抗炎症作用を付与。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
サリチル酸 は防腐剤、ピーリング剤としての効果があり、イボ、ウオノメを除去する目的で医療でも使われます。
[PR]
Eral (イーラル) ピュアシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム