シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
EraL (イーラル) ピュアシャンプー スカルプ
(EraL (イーラル)
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

EraL (イーラル) ピュアシャンプー スカルプ

EraL (イーラル)


EraL (イーラル) ピュアシャンプー スカルプ のオススメレベル

EraL (イーラル) ピュアシャンプー スカルプ の解析結果

ごくごくシンプルな作り、とにかく低刺激。と、思いきや。


おそらく最重視したのは低刺激性でしょう。
洗浄剤選びもさることながら、ミカン果皮エキスの配合などマイルドに洗うことに注力した作品といえそうです。
低刺激処方を重視する方向けに非常に特化された一品です。

洗浄剤周りもこれでもか、というほど刺激緩和効果を盛り込んでおり、優しさを確約されたようなシャンプーに仕上がっています。
ある程度のダメージ毛でもカバーして洗えるので、使い勝手は良い方だといえます。
もちろん、ダメージを修復したり、髪のコンディションを整えることを重視する場合には優先順位の高くない一品ですが。
しかし、そんな処方の中に落とし穴。ピロクトンオラミンは細菌、酵母、カビ類に優れた抗菌効果を発揮。pH領域は幅広く、抗フケ剤として有効成分に使われています。
安全性は確認されているが、常在菌のバランスを崩すこと懸念も。
マイルド処方に似つかわしくない殺菌剤を配合しているんですね。
殺菌剤とリンゴ酸という添加剤を見ると、あまりマイルドなイメージばかりではないのだと気づきます。

これは、いままさにフケなどの症状に悩む方向けという特殊なシャンプーと見たほうがよいでしょう。


[PR]

EraL (イーラル) ピュアシャンプー スカルプ の全成分:

有効成分:ピロクトンオラミン
<その他の成分>
精製水, ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム, ラウリルヒドロキシスルホベタイン液,ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液,ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン ,ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド, チンピエキス, DL-リンゴ酸, ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1), ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル, 塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース,エタノール, 安息香酸ナトリウム, 香料

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウラミドプロピルヒドロキシスルタインは低刺激性の両性界面活性剤で、起泡性の向上と洗浄中のコンディショニング効果を与えます。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
チンピエキスはミカンの果皮エキス。血行促進、抗炎症作用を付与。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
[PR]
EraL (イーラル) ピュアシャンプー スカルプ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム