シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
エッセンシャルダメージケアリッチプレミアシャンプー
(花王
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

エッセンシャルダメージケアリッチプレミアシャンプー

花王


エッセンシャルダメージケアリッチプレミアシャンプー のオススメレベル

エッセンシャルダメージケアリッチプレミアシャンプー の解析結果

感触が良ければいい、という典型的な設計です。


洗浄剤の質の低さも去ることながら、
全成分はラノリン、りんご酸、カチオン界面活性剤など、肌刺激.肌荒れを誘発しそうな成分のオンパレードで、
どう贔屓目に見ても肌に優しいとは1ミリも言えないシャンプーになっています。
ハチミツ、ローヤルゼリー、ヒマワリ油などあるので洗い上がりは柔らかな感じがします。
ただ脱脂力にかなり強いので気づかぬうちに乾燥肌、肌荒れを起こす可能性があります。
これはだめです。

洗浄剤の強さは当然のことながら、エタノールの量の多さ、ラノリンのアレルギー性、カチオン界面活性剤の刺激性、リンゴ酸の刺激、リン酸の海水富栄養化→赤潮の懸念などなど、
デメリットをこれだけ詰め込んだのはすべて、少ない予算内で最大限感触だけを改良しようとした結果でしょう。


[PR]

エッセンシャルダメージケアリッチプレミアシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ジステアリン酸グリコール、ラウリルヒドロキシスルタイン、PPG-7、ジメチコン、ハチミツ、シア脂、ラノリン脂肪酸、ステアロキシプロピルジメチルアミン、ハイブリッドヒマワリ油、リンゴ酸、イソデシルグリセリルエーテル、PPG-3カプリリルエーテル、ミリスチルアルコール、ステアリルアルコール、ベンジルアルコール、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、セトリモニウムクロリド、コカミドMEA、グリシルグリシン、ノバラエキス、BG、ラウレス硫酸Na、ラウレス-4、塩化Na、水酸化K、水酸化Na、リン酸、安息香酸Na、カラメル、黄4、黄5、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸アンモニウムは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ラウリルヒドロキシスルタインは粘膜刺激性が低く、優れた増泡性、泡安定性を与える両性界面活性剤。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
ラノリンは抱水性が高いエステルですが、アレルギー性が比較的高い。吸着精製ラノリンはアレルギー性が除かれている。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
セトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤。
グリシルグリシンは毛穴収縮作用。

    エッセンシャルダメージケアリッチプレミアシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/500ml
  • 価格/650円
  • 1mlあたり/1.3円

エッセンシャルダメージケアリッチプレミアシャンプー の宣伝文,商品説明:

ハニー&プロテインやハイブリッドヒワマリ油を配合したダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用シャンプーです。
カラーリング・パーマだけでなく、コテ・アイロンなどのダメージにも対応します。
しっとりまとまり、毛先まで広がらない髪に仕上げます。
揺れ動くたび香るフルーティーフラワーノートの香り。

[PR]
エッセンシャルダメージケアリッチプレミアシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム