シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
エッセンシャル フリー&スムース シャンプー
(花王
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

エッセンシャル フリー&スムース シャンプー

花王


エッセンシャル フリー&スムース シャンプー のオススメレベル

エッセンシャル フリー&スムース シャンプー の解析結果

刺激性がとても強いシャンプーです。


洗浄剤の質の悪さもさることながら、ラノリン、リンゴ酸、カチオン界面活性剤、エタノールなどなど、皮膚アレルギーや刺激性を懸念される成分が盛りだくさん。
どうしてこうなるかというと、できるだけ安く作りたい、ということと安価に仕上がりを良く感じさせたいという意図が見え隠れ。


残念ながら安全性はほぼ無視した感触重視設計


シャンプーにステアロキシプロピルジメチルアミンのような感触重視のカチオン界面活性剤を投入してしまう時点で、やや反則といえるような手法ですが、
ラノリンにしろジメチコンにしろ、粗悪な洗浄剤の質の低さをごまかすのに汲々としているようなシャンプーであり、
CMで見るようなエレガントな印象などどこにも感じさせません。
典型的な安いシャンプーの姿そのまま。オススメとはなりません。


[PR]

エッセンシャル フリー&スムース シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウラミドプロピルベタイン、エタノール、ジステアリン酸グリコール、ラウレス-4カルボン酸Na、ラウレス-16、ラノリン脂肪酸、リンゴ酸、クエン酸、ヒマワリ種子油、ステアリルアルコール、PPG-7、PPG-3カプリリルエーテル、コカミドMEA、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、イソデシルグリセリルエーテル、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-52、ラウレス-4、ラウレス-23、ラウレス硫酸Na、ラウリルヒドロキシスルタイン、ステアロキシプロピルジメチルアミン、ジメチコン、水酸化Na、安息香酸Na、ベンジルアルコール、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみる ラウレス硫酸アンモニウムは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウレス-4カルボンNaは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
ラノリンは抱水性が高いエステルですが、アレルギー性が比較的高い。吸着精製ラノリンはアレルギー性が除かれている。
PPG-3カプリリルエーテルは優れたまとまりと潤滑性を与え、ウエット時のきしみを改善。コンディショニング性とハリ・コシを両立させ、泡質改善効果も。
ラウラミドプロピルヒドロキシスルタインは低刺激性の両性界面活性剤で、起泡性の向上と洗浄中のコンディショニング効果を与えます。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
ポリクオタニウム-52は球状3次元架橋コポリマーによるつっぱり感、きしみを改善し、しっとりした感触を付与。
ステアロキシプロピルジメチルアミンとジメチコンは、毛髪表面に優れた平滑な皮膜を形成。

    エッセンシャル フリー&スムース シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/480ml
  • 価格/544円
  • 1mlあたり/1.13円

エッセンシャル フリー&スムース シャンプー の宣伝文,商品説明:

「洗う・乾かす・まとめる」3回おどろく指どおり。
からまりから解き放ち、健康で美しい髪に。
髪にある成分に近い「ヘアサプリオイル」配合。
髪1本1本をうるおいのヴェールで包みこみ、荒れた髪表面を補修。
ふわっと広がる咲きたての花を束ねたブーケの香り。

[PR]
エッセンシャル フリー&スムース シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム