シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
エステロワイエ シャンプー
(ポーラ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

エステロワイエ シャンプー

ポーラ


エステロワイエ シャンプー のオススメレベル

エステロワイエ シャンプー の解析結果

あまりに刺激的なシャンプー


オレフィン(C14-16)スルホン酸Naという脱脂力の強い洗浄剤がベースであることも悩ましいところですが、
それ以上に肌への負担の大きいカチオン界面活性剤、紫外線吸収剤、エステルオイルが盛りだくさんの内容であり、
到底オススメするに値しない出来栄えなのであります。

例えば、ステアルトリモニウムクロリドはリンス剤ではお馴染みの成分であるが、シャンプーに配合されて肌に直接つけると刺激性・タンパク変性作用などデメリットの方が大きい。
メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは紫外線吸収剤だが、吸収し過ぎると肌に酸化ストレスを与える。
セバシン酸ジイソプロピルの浸透性は刺激性を招く可能性も。

これでは、質の良いシャンプーとはいえない。


[PR]

エステロワイエ シャンプー の全成分:

水,オレフィン(C14-16)スルホン酸Na,コカミドプロピルベタイン,コカミドDEA,グリセリン,スクワラン,リモニウムゲルベリエキス,コラーゲン,クレアチン,セバシン酸ジイソプロピル,デシルグルコシド,ポリクオタニウム-10,ステアルトリモニウムクロリド,PPG-3カプリリルエーテル,クエン酸,PPG-7,ペンテト酸5Na,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル,グアイアズレンスルホン酸Na,クエン酸Na,BG,ソルビン酸,安息香酸Na,フェノキシエタノール,青1,香料

主な成分の解説をみるオレフィン(C16-18)スルホン酸ナトリウムはアルカリ洗浄助剤や金属封鎖剤を含むシャンプーにおいても最大の洗浄力を発揮。酸にも安定で、環境中で2日-10日程度で生分解するが、脱脂力が過多になりやすい。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
リモニウムゲルベリエキスはフランス原産の塩分の多い環境で育ったシーラベンダーエキス。抗酸化作用や保湿作用を付与。
クレアチンは毛髪内のイオン結合数を増加させる作用で毛髪のハリ・コシを増強させます。
セバシン酸ジイソプロピルは油溶性が高く難溶性物質溶解に優れ、皮膚への浸透性が高くさっぱりした感触。
デシルグルコシドは優れた起泡性を持つマイルドな非イオン界面活性剤。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
紫外線吸収剤のメトキシケイヒ酸エチルヘキシル配合。
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルは主にUV-Aに対する紫外線吸収剤
[PR]
エステロワイエ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム