シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
エクスセラム 美容液シャンプー
(石澤研究所
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

エクスセラム 美容液シャンプー

石澤研究所


エクスセラム 美容液シャンプー のオススメレベル

エクスセラム 美容液シャンプー の解析結果

全く美容液シャンプーではありません。


美容液シャンプーということで、いくつか保湿成分らしきものが配合はされている製品ですが。。

加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解シルクと続く美容液成分は、

どれも持続も浸透もしない、ただシャンプーに入っているだけレベルの処方で、
ビタミンC(アスコルビン酸)も誘導体の形ではないので無意味といっていいレベル。
ハチミツ、ローヤルゼリーあたりは少量ですが、この中では一番まともにしっとり感を与えられそう。

しかし、それ以前に洗浄剤のクオリティが低い。
コカミドプロピルベタイン、ラウレス硫酸Naという強洗浄、仕上がりバサバサのベースに、
スルホコハク酸ラウレス2Naが洗浄力をマシマシで、
美容液がどうのこうのという次元の製品ではありません。

努力こそ見えますが、シャンプーを作るメーカーとしては質の低い仕事と言わざるを得ない。
寿司屋でいえば、メニューのバリエーションは色々あるが、ネタ選びやシャリ、握りの技術が稚拙で食えたもんじゃない、というレベル。


[PR]

エクスセラム 美容液シャンプー の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、スルホコハク酸ラウレス2Na、DPG、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、グルコシルセラミド、ヒアルロン酸Na、加水分解シルク、アスコルビン酸、α-グルカン、ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、カラメル、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、ペンチレングリコール、クエン酸、ポリソルベート20、エタノール、BG、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
スルホコハク酸(C12-14)ラウレス2Naは高い洗浄力と泡立ち力で、生分解性が良い点が特徴のやや低刺激洗浄剤。
水溶性コラーゲンはフカヒレ、サケ、ヒラメ、カレイなどの魚の皮から抽出したコラーゲン。通称マリンコラーゲンとも呼ばれ、コラーゲンの中でも優れた保湿性を持つと言われています。
グルコシルセラミドはコメ由来の植物性セラミドで、細胞間脂質を補充することにより保湿作用の向上が期待される。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。

    エクスセラム 美容液シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/470ml
  • 価格/1706円
  • 1mlあたり/3.63円

エクスセラム 美容液シャンプー の宣伝文,商品説明:

スキンケアレベルの美容液成分をたっぷり配合、うるおいを芯まで届け、
たった1本で贅沢な質感とふんわり軽やかな仕上がりをかなえるノンシリコンシャンプーです。
地肌にやさしいコハク酸系洗浄成分を配合、豊かな泡立ちで毛穴に詰まった汚れをきちんと落としながら、地肌をケアします。
保湿成分・毛髪保護成分配合で、カラーなどで傷んでパサついたキューティクルを補修し、
うるおいでコーティングします。
美容液成分が乾燥した地肌と髪の内側までいたわりながら浸透し、細くからまりやすい髪もしっとりサラサラに導きます。

[PR]
エクスセラム 美容液シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム