シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ファンケル アミノシャンプー
(ファンケル
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ファンケル アミノシャンプー

ファンケル


ファンケル アミノシャンプー のオススメレベル

ファンケル アミノシャンプー の解析結果

低刺激・マイルド処方のスタンダードなタイプ。


際細かい泡の低刺激処方+上質タッチなシャンプー。


注目ポイント

エキス・アロマオイルは比較的上質で、使用感の良い影響を与えるでしょう。
低刺激でフレッシュな印象を与える、心地よい洗浄性であると言えます。


注意点

さっぱり感にやや欠けます。


総評

マイルド志向、低刺激性のシャンプーをお探しであれば、悪くない選択肢の1つといえます。
アミノ酸系の洗浄剤を中心に、少しサラサラ系寄りの仕上がりが想定される処方で、
ユズやティアレエキスの保湿性も期待。


[PR]

ファンケル アミノシャンプー の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa, ココイルグルタミン酸K、BG、エタノール
セテアレス-60ミリスチルグリコール、ペンチレングリコール、PCAイソステアリン酸グリセレス-25
アルギニン、ガーデニアタヒテンシス花エキス、ユズ果実エキス、
セージ葉エキス、アルテア根エキス、タイムエキス、ローズマリーエキス、
オレンジ油、ラベンダー油、ローズマリー油、オリーブ油、ヤシ油、ダイズ油、
グリセリン、PCA-Na、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-10、フィチン酸、塩化Na
トコフェロール

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
セテアレス-60ミリスチルグリコールは増粘性と泡安定性の付与。
PCAイソステアリン酸グリセレス-25は乳化力の優れたアミノ酸系非イオン界面活性剤。可溶化剤、親水性乳化剤として。
ガーデニアタヒテンシス花エキスはタヒチ原産のティアレの花エキスで、抗炎症・保湿・毛髪線維修復効果を付与します。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
アルテアエキスは保湿性が非常に高い成分で、別名ウスベニタチアオイ、ビロウドアオイとも呼ばれます。
タイムエキスはシソ科タチジャコウソウの茎、葉、花から抽出。収れん、消炎、保湿作用、肌のキメを整える作用。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ローズマリー油はシソ科・清涼感のあるすっきりした香りが特徴。集中力や記憶力を高める効果があるとされ、気持ちをはっきりさせたい時に使われる精油です。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
フィチン酸は米ぬか由来のキレート(金属封鎖)効果、pH調整、収れん、抗シワ、保湿作用を付与。

    ファンケル アミノシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/250ml
  • 価格/1543円
  • 1mlあたり/6.17円

ファンケル アミノシャンプー の宣伝文,商品説明:

汚れはしっかり落として、髪や頭皮に必要なうるおいはきちんと残すので、頭皮はスッキリ清潔に、髪はなめらかに洗い上がります。



オイリータイプの皮脂を洗い流す洗浄力と、ノーマル・ドライタイプのうるおい保持力の両方を兼ね備えているので、どんな肌質にも対応します。



素早く泡立ち、しっかりと弾力のある泡が髪を包み込んでやさしく洗い上げます。



爽やかなシトラスハーブの香りは植物性エモリエント成分なので後残りしません。

[PR]
ファンケル アミノシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム