シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ファーマアクト 弱酸性 薬用シャンプー
(熊野油脂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ファーマアクト 弱酸性 薬用シャンプー

熊野油脂


ファーマアクト 弱酸性 薬用シャンプー のオススメレベル

ファーマアクト 弱酸性 薬用シャンプー の解析結果

良い点もあるが平凡。



なんと、アルブチン、ビタミンC誘導体に紫外線吸収剤まで、妙にUVケアに血眼になっている様子。

中には擬似セラミド成分もあったりと、エキスや添加成分の質はどうやらマトモであるのですが、
いかんせん洗浄剤は凡庸。

安っぽく粗雑で、その点に関してはほとんど価値を感じさせません。

添加成分の質に一定の見応えはありましたが、総合的には使いづらい印象だけが残る。


[PR]

ファーマアクト 弱酸性 薬用シャンプー の全成分:

有効成分:グリチルリチン酸2K
その他の成分:ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、PG、グリセリン、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルグァーガム、ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、ジステアリン酸グリコール、パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル、アロエエキス(2)、モモ葉エキス、エタノール、アルブチン、ビタミンCリン酸Mg、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、アルギニン、加水分解シルク液、BG、ツバキ油、センブリエキス、チョウジエキス、ジオウエキス、海藻エキス(1)、ニンジンエキス、エデト酸塩、pH調整剤、粘度調整剤、パラベン、香料

主な成分の解説をみるグリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩は別名おなじみのラウレス硫酸Naで高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
ステアラミドエチルジエチルアミンは皮膚刺激が低く目などの粘膜にも穏和。クシ通りを改善する効果を持つカチオン界面活性剤。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
モモ葉エキスは抗炎症作用。
ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド=セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドはセラミド1を模倣した構造に合成した擬似セラミド。細胞間脂質であるセラミドを補給し、肌の保水機能を改善します。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。

    ファーマアクト 弱酸性 薬用シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:2.1
  • 安全性:1.8
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.8
  • 費用対効果:3

  • 容量/400ml
  • 価格/219円
  • 1mlあたり/0.55円

ファーマアクト 弱酸性 薬用シャンプー の宣伝文,商品説明:

薬効成分がフケ・かゆみを防ぎ頭皮を清潔に保つ用薬用シャンプーです。
高保湿成分アミノ酸がパサつきを抑えて、湿気にも乾燥にも強いまとまりのある髪に。
毛髪補修成分セラミドAPが傷んだ髪の奥深くまで浸透・補修。
髪の芯から毛先までしっかりと保護して、なめらかに洗い上げます。

[PR]
ファーマアクト 弱酸性 薬用シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム