シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ファーマアクト 弱酸性 薬用 リンスインシャンプー
(熊野油脂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ファーマアクト 弱酸性 薬用 リンスインシャンプー

熊野油脂


ファーマアクト 弱酸性 薬用 リンスインシャンプー のオススメレベル

ファーマアクト 弱酸性 薬用 リンスインシャンプー の解析結果

可もなく不可もなし


卒無く、平均的で良い面もあるシャンプーですが、ラウレス硫酸Na配合である点や添加成分の質などを考慮すると
さほど褒められたものでないと判断されます。


擬似セラミド、メントールのように、肌に良い素材もあり、洗浄剤も主にアミノ酸型を配置するなど、一見悪くない処方ではありますが、

値段の兼ね合いもあってか要所で手を抜いてるのは明らか。
惜しい。


[PR]

ファーマアクト 弱酸性 薬用 リンスインシャンプー の全成分:

〈有効成分〉 グリチルリチン酸2K
〈その他の成分〉 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸K、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、グリセリン、PG、ジステアリン酸グリコール、塩化ジアルキル(12-18)ジメチルアンモニウム液、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、メントール、アロエエキス(2)、モモ葉エキス、エタノール、アルブチン、ビタミンCリン酸Mg、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、アルギニン、加水分解シルク液、BG、ツバキ油、センブリエキス、チョウジエキス、ジオウエキス、海藻エキス(1)、ニンジンエキス、エデト酸塩、pH調整剤、粘度調整剤、パラベン、香料、青1、黄4

主な成分の解説をみるグリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ココイルグルタミン酸Na皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、ややしっとり上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ヒドロキシプロピルメチルセルロースは水溶性フィルムコーティング剤で、安定性に優れ、非イオン性という特徴を持ち、接着・密着(バインダー)性に優れます。
メントールの清涼作用。
アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合させた成分で、ハイドロキノンの刺激性を除去した形です。ただ低刺激な分、メラニン合成阻害効果はハイドロキノンの35分の1に過ぎません。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。


ジオウエキスはイリドイド配糖体、マンニトールなどの糖類を含有し、保湿、皮膚細胞活性化を付与。
[PR]
ファーマアクト 弱酸性 薬用 リンスインシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム