シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
FケアカラーシャンプーMO
(フィヨーレ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

FケアカラーシャンプーMO

フィヨーレ


FケアカラーシャンプーMO のオススメレベル

FケアカラーシャンプーMO の解析結果

ダメージヘアーのメンテナンスに威力を発揮するシャンプーです。



両性界面活性剤のラウラミドプロピルベタイン、アミノ酸系のココイルアラニンNa、アニオン系界面活性剤のPEG-3ヤシ油脂肪酸アミドMEA硫酸Na、スルホコハク酸、もう1つ両性界面活性剤、シルク誘導体というようなベース。
泡立ち、洗浄性は比較的高いが、マイルドな感触で低刺激、生分解性も高い構成だ。

ヒアルロン酸(カチオン化)は保湿効果をダメージ部に選択的に付与します。

ペリセアはハリコシや浸透効果、皮膜性、保湿効果。
グルカンオリゴサッカリドは皮膚常在菌の役に立つものだけ増やし、皮膚に害になる菌を減らす効果があります。
クレアチンはハリコシ効果、アミノ酸各種など、高い保湿効果を保有しています。
その他、糖系、尿素、トレハロースも保湿効果。
比較的安定した洗浄力と、高い補修能力が特徴のシャンプーです。
そして、ヘマチンの効果も忘れてはなりません。
毛髪の強化、防臭、過酸化水素除去など、重要な役割を果たすコンディショニング成分です。
極めて補修効果の高い内容で、単にコーティングするだけのものと一線を画す本格派補修シャンプー。
さらに弱酸性に調整されていますので、アルカリに傾いた髪や頭皮を素早く酸性域に戻す効果が優れています。
題目どおりカラー後やパーマ後に、より威力を発揮するアフターケア用シャンプーです。

補修能力、保湿能力が優れていますが、泡立ちや仕上がりのさっぱり感も考慮されており、
使用感での不満(泡立ちが極端に悪いとか、洗浄力が足りないなど)は起きづらいものと判断できます。


[PR]

FケアカラーシャンプーMO の全成分:

水、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEA、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、ベタイン、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ラウラミノジ酢酸Na、ラウロイル加水分解シルクNa、PPG-2コカミド、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヘマチン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、グルタミン酸、PCA-Na、乳酸Na、尿素、トレハロース、グルカンオリゴサッカリド、グルコース、フルクトース、スクロース、デキストリン、カラメル、ポリクオタニウム-10、PEG-7グリセリルココエート、ヘキシレングリコール、PEG-20ソルビタンココエート、エチドロン酸4Na、安息香酸Na、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、DPG、エタノール、香料、BG、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ラウリン酸BG

主な成分の解説をみるラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na(アンホレックスCAS)は非常に高い脱脂力を持ちながら、比較的マイルドに調整され刺激を抑えた洗浄剤。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
スルホコハク酸(C12-14)ラウレス2Naは高い洗浄力と泡立ち力で、生分解性が良い点が特徴のやや低刺激洗浄剤。
ラウロイル加水分解シルクNaは補助洗浄剤として主に用いられ、親和性の高さを活かして感触をシルキーに特徴づけます。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進などに寄与。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
アスパラギン酸は、アスパラガスの汁から発見されたアミノ酸という由来を持ち、保湿、皮膚機能の代謝を活性化する作用。
グリシンは保湿性が高く、様々な配合成分と相性が良いので多く登場するアミノ酸類です。
アラニンは保湿性が高く、肌がアルカリ性にならないようにする働きがあるアミノ酸で、角質バリヤを強化します。
セリンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、肌本来の保湿成分の1つ。絹のたんぱく質であるセリシンに多く含まれる保湿・保水・弾力性、柔軟性を与える効果。
プロリンは環状アミノ酸で、保湿、肌機能活性化、コラーゲンに多く含まれるアミノ酸です。
トレオニンはアミノ酸の一種で、保湿、肌機能の活性化を付与。
ヒスチジンは塩基性アミノ酸の一種。天然保湿因子(NMF)を構成している重要なアミノ酸です。
グルタミン酸は酸性極性側鎖アミノ酸で、保湿、角層代謝を促進する役割。
トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
スクロースショ糖で、高い保湿性がありますがベタつきのあるタッチ。
デキストリンはデンプン由来の糖の一種で、品質安定、保湿、増粘、結合、吸着剤として用いられます。
PEG-7グリセリルココエートも非イオン界面活性剤。アニオン界面活性剤の刺激を抑えるほか、乳化促進作用などを付与。
PEG-20ソルビタンココエートは乳化剤ですが、若干皮脂バリヤを取っていくような乳化作用も持つため、完全に肌に良いという処方ではありません。
エチドロン酸はキレート(金属封鎖)剤の一種で、1-ヒドロキシエタン-1 1-ジホスホン酸という物質名の有機リン化合物。製品の品質保持剤、もしくは髪のコンディションアップで配合。
セテアレス-60ミリスチルグリコールは増粘性と泡安定性の付与。

    FケアカラーシャンプーMO の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.6

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:4
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:4

  • 容量/300ml
  • 価格/1944円
  • 1mlあたり/6.48円

FケアカラーシャンプーMO の宣伝文,商品説明:

ヘアカラー後の髪を、やさしくケアして美しく保つカラーヘア専用ヘアケアアイテム
両性系・アミノ酸系の洗浄成分とヘマチンの効果により、
カラーの持ちを良くし、髪のダメージの原因となる、アルカリ成分も除去します。

[PR]
FケアカラーシャンプーMO 2017 (c)シャンプー解析ドットコム