シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
FGF-7 ミューフルヘアソープ
(美幸コーポレーション
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

FGF-7 ミューフルヘアソープ

美幸コーポレーション


FGF-7 ミューフルヘアソープ のオススメレベル

FGF-7 ミューフルヘアソープ の解析結果

美容液に近いシャンプー。


非常に個性的なシャンプーの1つと言える内容で、
一般的な商品とは次元が違うところで造られたと言ってもいいような内容です。(良くも悪くも)
ベースがまず、「ココイル加水分解コラーゲンK」というコラーゲンの保湿作用をメインとした洗浄剤ですが、ほとんど洗う能力はあってないようなもの。
続いてラウラミドプロピルアミンオキシドは非イオン界面活性剤で、刺激緩和役として使われる成分。
続くPCAイソステアリン酸PEG−40水添ヒマシ油はPEG-40水添ヒマシ油とピロリドンカルボン酸、イソステアリン酸のエステル油で、コンディショニング作用や潤滑性の付与が特徴。
次のココイルグルタミン酸TEAが、やっと洗浄剤らしい洗浄剤ですが、こちらもマイルドでしっとり系、さらに配合量が少ないと洗浄能力はとても低いモノに。
さらにPEG-12ジメチコンといった水溶性シリコンも配合され、ほとんど洗うというよりリンスに近いような製品といって過言ではありません。
FGFという名の由来と思われるヒトオリゴペプチド-5の配合が目を惹きますが、これは毛や皮膚のグロースファクターと言われる成長因子で、
整肌、育毛作用を期待できる可能性がある成分といえます。
アンマロクはアムラエキスで、コンディショニング効果。セラミド2は保湿、整肌。
その他、抗炎症・収れん・保湿・血行促進作用のエキス配合。
アミノ酸系防腐剤、ポリアミノプロピルピグニアドも好感度のある成分の1つ。

ということで、全体としてもうシャンプーというよりは頭皮トリートメントを思って使った方がいいくらいの使用感といえます。
洗う能力が非常に低い上にシリコン配合ですから、もはやリンスというような特徴の一品です。
成長因子や整肌エキスなど、頭皮には確かに有効性があると言えますが、圧倒的な額(8400円!)に見合った価値が感じられるかどうかは微妙。
これほど洗うことを弱くしているのなら、何もシャンプーでなくてもいいような気さえする製品です。
ヒトオリゴペプチド-5は確かに高価な成分でしょうが、いまいち全体が噛み合っていない印象の一品。


[PR]

FGF-7 ミューフルヘアソープ の全成分:

水、ココイル加水分解コラーゲンK、ラウラミドプロピルアミンオキシド、PCAイソステアリン酸PEG−40水添ヒマシ油、ココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸グリコール、PCAイソステアリン酸グリセレス−25、PEG−12ジメチコン、ヒトオリゴペプチド−5、アンマロク果実エキス、セラミド2、アカヤジオウ根エキス、ヒオウギエキス、フユボダイジュ花エキス、ボタンエキス、オウゴンエキス、ダイズ種子エキス、チョウジエキス、ポリクオタニウム−10、ポリクオタニウム−22、グリセリン、BG、ジオレイン酸PEG−120メチルグルコース、ポリアミノプロピルビグアニド、ミリスチン酸ポリグリセリル−10、クエン酸、DPG、ラベンダー油、トコフェロール、コレステロール、マンニトール、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

主な成分の解説をみるココイル加水分解コラーゲンKはアミノ酸系洗浄剤の1つで、ほとんど脱脂力はありませんが保湿、柔軟性、きめ細かい泡質を与える目的で配合されます。
ラウラミドプロピルアミンオキシドは肌に優しく泡立ちに優れ、刺激緩和作用を付与する両性界面活性剤です。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
アカヤジオウ根エキスはコラーゲン産生促進、ヒアルロン酸産生促進作用、バリヤ機能強化、免疫増強作用。
qヒオウギエキスはイソフラボンを含有し、女性ホルモン様作用、美白作用、抗老化作用を付与。
フユボダイジュ花エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、発汗作用、収れん作用、メラニン生成を抑制。
ボタンエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、皮脂の抑制、抗炎症作用、抗菌、抗アレルギー作用。
オウゴンエキスはバイカリン、バイカレインを有効成分とし、タバコの煙など環境ストレスによる皮膚老化を抑制、美白、抗シワ、毛穴・敏感肌改善、育毛、抗菌作用などを付与。
ダイズ種子エキスは収れん作用、抗菌作用、免疫増強作用。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。
ポリクオタニウム-22はカラー剤を均一に染める効果や、コンディショニング効果を付与。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースはポチエチレングリコール・オレイン酸とメチルグルコースのジエステルでエモリエント感のある乳化・増粘剤です。
ポリアミノプロピルビグアニドはアミノ酸系防腐剤で、微生物の細胞膜の構造を破壊して殺菌作用を示す。

    FGF-7 ミューフルヘアソープ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.3

  • 素材の品質:4
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/360ml
  • 価格/8640円
  • 1mlあたり/24円

FGF-7 ミューフルヘアソープ の宣伝文,商品説明:

コラーゲン配合」ではなく、「洗う成分自体がマリンコラーゲン」
でできた、髪と頭皮にやさしい弱酸性ヘア ソープです。
(地球にやさしい高生分解性商品)

[PR]
FGF-7 ミューフルヘアソープ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム