シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
フィノアシャンプー
(ドクターライン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

フィノアシャンプー

ドクターライン


フィノアシャンプー のオススメレベル

フィノアシャンプー の解析結果

感触良好、質良し。


しっかり洗える系ですが、全体的にマイルドで肌にやさしい作りのスキャルプケアシャンプー。
ダメージ毛のコーティングに役立つキトサンや、ラノリン誘導体によるツヤ・保湿性を持たせる内容。
さらに頭皮ケア用のエキスも豊富。
泡立ち豊かに、わりとすっきり洗いたい系の構成です。低刺激なことも特徴。
頭皮の状態の向上にまずまず役立ちそうな一品です。が、
洗浄性・エキス・その他添加剤などを見ていっても、傑出した能力はコレ!というものが見当たらない、良く言えばバランスがとれている内容でもあるのですが、
全体を見ると意外にフツーなシャンプーだなぁ、と。
肌にやさしいのは間違いないですが、飛び抜けてというほどでもありません。
ダメージケア力はぼちぼち、頭皮ケアエキスは、わりとよくあるセットを配合しています。
予想を超えるような優れた効果を期待することができにくいシャンプーのように思いますので、悪くはない製品なのですがオススメはしにくいかと思います。


[PR]

フィノアシャンプー の全成分:

水、ラウロイルメチルアラニンNa、イソペンチルジオール、ラウラミドプロピルベタイン、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ココアンホ酢酸Na、ポリクオタニウムー10、PPG-12-PEG-50ラノリン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシプロピルキトサン、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、ボタンエキス、フユボダイジュエキス、アルテア根エキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、海塩、リパーゼ、DNA-K、クエン酸、BG、エタノール、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースはポチエチレングリコール・オレイン酸とメチルグルコースのジエステルでエモリエント感のある乳化・増粘剤です。
スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naは生分解性に優れる高洗浄成分。洗浄力は高いが、刺激性はやや少なく、起泡力はしっかりとあります。

ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
PPG-12-PEG-50ラノリンは高い潤滑性とエモリエント効果を与える乳化剤。
ヒドロキシプロピルキトサンは毛髪強度向上、枝毛防止、乳化安定向上、帯電防止効果、抗菌作用を付与する優れた皮膜剤。
ボタンエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、皮脂の抑制、抗炎症作用、抗菌、抗アレルギー作用。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。

[PR]
フィノアシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム