シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
フィルージュ シャンプー F
(タマリス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

フィルージュ シャンプー F

タマリス


フィルージュ シャンプー F のオススメレベル

フィルージュ シャンプー F の解析結果

泡立ちしっかりさっぱりマイルドタイプ。


シットリ感のある洗浄剤に泡立ちを加えた内容。
コンキオリン、ヒアルロン酸、コメヌカスフィンゴ糖脂質、ケラチンが保湿作用、ハリを出す作用をもたらします。
レシチン、リゾレシチンといった天然界面活性剤、グリコール酸は角質除去作用もあるピーリング剤として使われている成分。
総合的には、比較的上質な使用感と、コンディショニング効果も単なるタンパク質の配合などに留まらず、
浸透させてより効力を活かすような処方であるといえます。
中の上くらいの一品とみていいでしょう。
どちらかというとコンディショニングシャンプーといったないようですが、
全体のバランスはまずまずよろしいかと思います。


[PR]

フィルージュ シャンプー F の全成分:

水、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEA、グリセリン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ローズ油、加水分解コンキリオン、加水分解ヒアルロン酸、コメヌカスフィンゴ糖脂質、加水分解ケラチン(羊毛)、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、水添レシチン、リゾレシチン、BG、ポリクオタニウム-10、PPG-2コカミド、グリコール酸、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コメヌカスフィンゴ糖脂質は植物セラミドの一種で、肌に速やかに浸透し、保湿作用、柔軟性を与える。
加水分解ケラチン(羽毛)は、羊毛ケラチンと比べて疎水性が高く、毛髪への浸透性に優れ、疎水結合などで効果的に毛髪と結合することで高い補修、保護効果を示す。
オトギリソウエキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、収斂作用。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
フユボダイジュ花エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、発汗作用、収れん作用、メラニン生成を抑制。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
ヤグルマギクエキスはヒアルロン酸産生促進作用、女性ホルモン様作用、育毛作用、抗炎症作用、収れん作用。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
水添レシチンは大豆リン脂質に水素添加したもので、皮膚の保湿機能改善、バリヤ機能回復、DDS(皮膚への主剤成分の送達)などの機能を発揮。

    フィルージュ シャンプー F の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/250ml
  • 価格/2310円
  • 1mlあたり/9.24円

フィルージュ シャンプー F の宣伝文,商品説明:

禁断の果実のように甘く魅惑的な香り。
誰もが愛してしまう、とろけるような甘さとみずみずしさを併せ持った女性像を演出します。
パッションフルーツ&フローラルの香り。

[PR]
フィルージュ シャンプー F 2017 (c)シャンプー解析ドットコム