シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Fleur Shampoo(フルールシャンプー)
(株式会社エストインターナショナル
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

Fleur Shampoo(フルールシャンプー)

株式会社エストインターナショナル


Fleur Shampoo(フルールシャンプー) のオススメレベル

Fleur Shampoo(フルールシャンプー) の解析結果

極めて雑な洗浄性のシャンプー。


ラウレス硫酸ナトリウム、オレフィンスルホン酸ナトリウムを主体にした、
泡立ちと脱脂力だけは立派な一品。

一応、ペリセア配合でこの辺の粗悪な洗浄性はわずかにマイルドになっていますが、

いずれにせよ安っぽさは否めない手抜き工事レベルの処方。
少なくてもこの部分に関しては全く魅力的に感じません。

その他には、アルガンオイル、ウレア、ペリセア、シリコーンなどが配合され、

多少仕上がりにエモリエント感を残したり、補修性を持ったりしています。
それを踏まえても、全体としては一言で安物
それ以上に何か効用があるようなシャンプーではなく、
これならば市販のよくあるシャンプーの方が優れている、なんてことにも。

ほとんど魅力を感じない一品です。


[PR]

Fleur Shampoo(フルールシャンプー) の全成分:

水・ラウレス硫酸Na・コカミドプロピルベタイン・コカミドメチルMEA・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・PG・ココイルアラニンTEA・アルガニアスピノサ核油・アスパラギン酸・PCA-Na・PCA・グリシン・アラニン・セリン・バリン・イソロイシン・トレオニン・プロリン・ポリグルタミン酸・ヒスチジン・フェニルアラニン・アルギニン・ヒドロキシエチルウレア・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・イソステアロイル乳酸Na・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-7・ビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコン・DPG・BG・エチドロン酸・EDTA-2Na・乳酸Na・クエン酸・水酸化Na・塩化Na・PEG-60水添ヒマシ油・安息香酸Na・メチルパラベン・プロピルパラベン・香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルアラニンNaは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
ヒドロキシエチルウレアは低刺激の尿素誘導体で、持続性の高い保湿、キューティクル平滑効果を付与。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコンはアミノ基にPGを付加し両末端をアルコキシ基で封鎖。透明、指通り、もつれ改善、色持ち持続効果。
アミノ誘導体シリコーン。

    Fleur Shampoo(フルールシャンプー) の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/290ml
  • 価格/1836円
  • 1mlあたり/6.33円

Fleur Shampoo(フルールシャンプー) の宣伝文,商品説明:

アルガンオイルとアミノ酸由来の洗浄料を使用したシャンプー。
キメ細かくマイルドな泡立ちで整髪料や汚れをスッキリと落とし、髪と地肌に潤いを与え健やかな頭皮環境へと導きます。

[PR]
Fleur Shampoo(フルールシャンプー) 2017 (c)シャンプー解析ドットコム