シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
フォード ピュアファクター シャンプー
(三口産業
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

フォード ピュアファクター シャンプー

三口産業


フォード ピュアファクター シャンプー のオススメレベル

フォード ピュアファクター シャンプー の解析結果

ちょうどよい洗浄力、さっぱり仕上げ、頭皮ケアエキスで構成のシャンプー。


シンプルにできていますが、好感の持てる'ちょうどよさ'が特徴でしょう。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ラウラミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ミリスチン酸イソプロピルは皮膚に浸透して保湿効果を与えるがサラっとした軽い感触が特徴。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
グルタミン酸は酸性極性側鎖アミノ酸で、保湿、角層代謝を促進する役割。
ボタンエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、皮脂の抑制、抗炎症作用、抗菌、抗アレルギー作用。
フユボダイジュ花エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、発汗作用、収れん作用、メラニン生成を抑制。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。
アルテア根エキスは肌の保湿力を維持し、線維芽細胞増殖促進、コラーゲン産生促進作用を付与。肌の潤いをアップさせます。

総合すると、
優しく、使いやすく、頭皮が喜ぶエキスを厳選している一品で、
おそらくどんな方でも満足感を持てるタイプといえます。
ほんわかしていてマイルドなタッチなので、刺激的なタッチがお好きな方には少々物足りないかもしれません。
ダメージ毛の方も、もう少しコンディショニング効果がほしいかな、というところ。


[PR]

フォード ピュアファクター シャンプー の全成分:

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、ミリスチン酸イソプロピル、ポリクオタニウム-10、ベタイン、グルタミン酸、カロットエキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、アルテア根エキス、アルニカ花エキス、フェノキシエタノール、クエン酸、プロピルパラベン、メチルパラベン、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、BG、PG、香料、橙205

主な成分の解説をみるラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ミリスチン酸イソプロピルは皮膚に浸透して保湿効果を与えるがサラっとした軽い感触が特徴。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
カロットエキスは人参(西洋:ナニンジン)の根から得たエキスで、皮膚代謝促進、血行促進効果を与えます。
ボタンエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、皮脂の抑制、抗炎症作用、抗菌、抗アレルギー作用。
フユボダイジュ花エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、発汗作用、収れん作用、メラニン生成を抑制。
アルテアエキスは保湿性が非常に高い成分で、別名ウスベニタチアオイ、ビロウドアオイとも呼ばれます。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。

    フォード ピュアファクター シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/300ml
  • 価格/1512円
  • 1mlあたり/5.04円

フォード ピュアファクター シャンプー の宣伝文,商品説明:

カロットエキス他4種の植物エキスを配合したヘアサロン専売品シャンプーです。ヘアカラーの色合いを長く保ち、潤いのある髪に洗いあげます。

[PR]
フォード ピュアファクター シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム