シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
フォレスト ピュア リキッドソープ
(鶴富和方堂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

フォレスト ピュア リキッドソープ

鶴富和方堂


フォレスト ピュア リキッドソープ のオススメレベル

フォレスト ピュア リキッドソープ の解析結果

単純ではない作りの石けんベースシャンプー。


基本の石けんをベースに、両性界面活性剤を組み合わせて残留アルカリの軽減を図っています。
この点で、多少は石けんだけのものよりデメリットを緩和していますが、オレフィンスルホン酸Naのような脱脂力の強いものも配合していて、
全体としては安定した脱脂力を持つ、あまりマイルドではないタイプの一品といえそうです。
赤ちゃんや敏感肌を想定した製品だとすればNGでしょう。
そもそもアルカリ性の石けんという時点で向いていませんが、それほどデメリットを緩和しきれていないばかりか強脱脂性の洗浄剤も加え、
とても敏感肌に薦められるシロモノではなくなっています。


[PR]

フォレスト ピュア リキッドソープ の全成分:

水・カリ石ケン素地・コカミドDEA・ラウリルベタイン・ココアンホ酢酸Na・ 木酢液・チャエキス・グリチルリチン酸2K・ティーツリー葉油・ユーカリ油・ ベタイン・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・EDTA-2Na・フェノキシエタノール・塩化Na

主な成分の解説をみるカリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
木酢液は抗菌・抗カビ・消臭・抗酸化作用・アトピーの改善などに用いられます。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。

    フォレスト ピュア リキッドソープ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/480ml
  • 価格/2450円
  • 1mlあたり/5.1円

フォレスト ピュア リキッドソープ の宣伝文,商品説明:

紀州備長炭蒸留木酢液配合液体石けん
乾燥肌・頭皮・カサカサ肌・赤ちゃん・子供・プツプツ肌・敏感肌
お肌の弱いお子様でもお使い頂ける安心のクオリティー

[PR]
フォレスト ピュア リキッドソープ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム