シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ギフト モイストシャンプー
(ラブラボ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ギフト モイストシャンプー

ラブラボ


ギフト モイストシャンプー のオススメレベル

ギフト モイストシャンプー の解析結果

バランス感覚良い使い勝手シャンプー。



アミノ酸型ベースなのに、泡立ちがくっきりした作りでべたっとした感じを残さない処方と言えます。

バラの効果も無視できないレベルで配合されていると見ますので、
香りの面からも満足度が高い一品と言えるでしょう。
セラミド、ペリセアをはじめ、被膜材も配合が微量ですがありますので、
ある程度ダメージを覆ってしまうことができるでしょう。

市販品では比較的バランスのよいオールラウンダーなシャンプーといえます。
平均よりは明らかにレベルが高い一品ですが、
逆に言えばどの特徴も少しずつ良いのだが、際だった特性のない製品といえます。
はっきり洗えるわけでも、しっかり保湿するわけでも、ダメージをとても補修するわけでもなく、
バラの香りほど目立った効能は期待できないかもしれません。
費用対効果を考えればまずまずですが、やはり安いだけのことはあるな、という印象もなくはありません。


[PR]

ギフト モイストシャンプー の全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドメチルMEA、オレフィン(C14‐16)スルホン酸Na、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ダマスクバラ花油、センチフォリアバラ花油、ノバラ油、ローズヒップ油、ハチミツ、ダマスクバラ花エキス、センチフォリアバラ花エキス、バラエキス、ノバラエキス、イザヨイバラエキス、ロサアルバ花エキス、ダマスクバラ花水、ロサアルバ花水、スフィンゴミエリン、ヒマワリ種子エキス、セラミド2、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ミリスタミドプロピルベタイン、ポリクオタニウム‐10、塩化Na、EDTA‐2Na、グリセリン、BG、ジオレイン酸PEG‐120メチルグルコース、クエン酸、シクロヘキサン‐1,4‐ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、PPG‐4セテス‐20、オクチルドデカノール、DPG、水添ココグリセリル、乳エキス、乳糖、香料、フェノキシエタノール、安息香酸Na

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
コカミドメチルMEAが泡立ちを安定、持続的に保つ。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ダマスクバラ胎座培養エキスは種子の成長過程で養分が集中する、ダマスクバラのプラセンタエキスです。肌のハリを改善したい、乾燥・目元のハリ、弾力を改善したいという場合に。
ノバラ油はカニナバラの果実から得られる精油。整肌作用、リラックス作用を与える。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ミリスタミドプロピルベタインはコンディショニング効果をメインとした両性界面活性剤で、洗浄、起泡性向上、増粘作用を付与します。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
オクチルドデカノールは薄い皮膜を形成し、さらっとしたタッチを与える油性成分。

    ギフト モイストシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.3

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/500ml
  • 価格/972円
  • 1mlあたり/1.94円

ギフト モイストシャンプー の宣伝文,商品説明:

天然の13種類の薔薇由来成分を配合したノンシリコンシャンプー。

頭皮や髪をすっきり洗いながら、みずみずしいうるおいを与えます。
ローズガーデンの香り

[PR]
ギフト モイストシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム