シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
PFグローイングシャンプー
(さわやか元気
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

PFグローイングシャンプー

さわやか元気


PFグローイングシャンプー のオススメレベル

PFグローイングシャンプー の解析結果

仕上がりの感触は良、質は悪い。


オレフィンスルホン酸がほぼ大部分のベースを占めているシャンプー ラウレス硫酸Naベースのシャンプーのように高脱脂力です。
どんな保護成分があるにせよ、これだけで仕上がりはさっぱり系、キュッキュ系のよくある市販的な感じになります。
泡立ちよく、泡切れがよいのも特徴で、パパッとシャンプーしたい人にはいい感触。
グルタミン酸TEA,ココアンホ酢酸というアミノ系、両性界面活性剤が脱脂、刺激性をクッションのように緩和します。
サクシニルアテロコラーゲンは低アレルギー性のコラーゲンで、分子が安定して保存できる状態にあります。

エキス系は頭皮環境改善系でわりと効力が高め。
アルキル〜という成分が滑り感をよく向上させます。

全体的には、基本の部分がかなり安っぽい作りになっているので高品質は望めません。
値段に見合った商品とは言えません。
感触改善成分もそれほど目立って配合されていないので、使用感も市販一般のレベルを超えるものではありません。
グレードの低いシャンプーです。


[PR]

PFグローイングシャンプー の全成分:

水・(C14-16)オレフィンスルホン酸Na・コカミドDEA・BG・ココイルグルタミン酸TEA・ココアンホ酢酸Na・サクシニルアテロコ ラーゲン・アルテア根エキス・アルニカ花エキス・カミツレエキス・フユボダイジュ花エキス・ボタンエキス・ペンチレングリコール・ポリクオタニウム- 10・アルキル(C12-14)オキシヒドロキシプロピルアルギニン・ラウロイルメチルアラニンNa・トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン・塩 化Na・エタノール・ペンテト酸・フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
サクシニルアテロコラーゲンは、アレルゲンの懸念があるテロペプチドを除去し、サクシニル化することでコラーゲンが固まって大きくならないように安定させた保湿剤。
アルテア根エキスは肌の保湿力を維持し、線維芽細胞増殖促進、コラーゲン産生促進作用を付与。肌の潤いをアップさせます。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
フユボダイジュ花エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、発汗作用、収れん作用、メラニン生成を抑制。
ボタンエキス、フユボダイジュエキス、ヒキオコシエキス、シナノキエキスは優れた育毛作用の相乗効果が確認されている。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。

    PFグローイングシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/400ml
  • 価格/3456円
  • 1mlあたり/8.64円

PFグローイングシャンプー の宣伝文,商品説明:

乾燥肌・普通肌の方に最適。
水のような無色透明シャンプー
髪と同じ弱酸性の肌にやさしいシャンプー。
天然由来のアミノ酸系洗浄成分に、マリンコラーゲンやハーブエキスを配合しました。
透明な水のようなシャンプーですが、すばやく豊かに泡立ち、傷んできしみがちな髪もやさしく洗い上げます。

[PR]
PFグローイングシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム