シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
グッドフィールシャンプー
(株式会社シュンインターナショナル
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

グッドフィールシャンプー

株式会社シュンインターナショナル


グッドフィールシャンプー のオススメレベル

グッドフィールシャンプー の解析結果

くっきりした洗浄性の大容量シャンプー。



比較的マイルドタッチながら、泡立ちよくさっぱり洗い上げるところは好印象。
ややコンディショニング効果もあるなど、全体のバランスの良さが特徴的な一品。
もちろん、1000mlという容量も個性的。

用途としては業務用ということになるのでしょうが、
このタイプにしては質が悪くないといえます。

クレンジングタイプのシャンプーでありながら、そこそこ低刺激でタッチが良く、さほど悪くない出来栄えといえます。


[PR]

グッドフィールシャンプー の全成分:

水 ココイルメチルタウリンNa オレフィン(C14−16)スルホン酸Na ココアンホプロピオン酸Na ラウラミドDEA ポリクオタニウム−10 クエン酸 グリセリン フェノキシエタノール エタノール カルボキシメチルキチン ホホバ油 PEG−40水添ヒマシ油 ココイルグルタミン酸TEA メチルパラベン 香料

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココアンホプロピオン酸Naはアミノ酸に近い構造の両性界面活性剤で、肌刺激性がとても低く、穏やかにコンディショニング効果を与えるソフトな洗浄剤。
ラウラミドDEA(ラウラミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。

    グッドフィールシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/1000ml
  • 価格/5130円
  • 1mlあたり/5.13円

グッドフィールシャンプー の宣伝文,商品説明:

弱酸性だから髪や頭皮にも優しく使い心地もマイルド。
軽度のダメージヘアのシャンプーとして最適です。
髪にしっとりした潤いを与えます。

[PR]
グッドフィールシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム