シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ゴウシャオーガニクス ベリーセンシャルシャンプー

(山之内ゴウシャ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ゴウシャオーガニクス ベリーセンシャルシャンプー

山之内ゴウシャ


ゴウシャオーガニクス ベリーセンシャルシャンプー のオススメレベル

ゴウシャオーガニクス ベリーセンシャルシャンプー の解析結果

石鹸の欠点そのままに使用感の悪い一品。


非イオン界面活性剤のデシルグルコシドを先頭に、グリシンNa、カリ石けんでベースを構成 やや刺激は抑えた石鹸シャンプー。

その他、保湿性のエキスを配合。
ホホバが皮脂に似た油分補給。
石鹸によるデメリットをやや抑えた内容ですが、
それにしてもコストパフォーマンスが悪い。
石鹸シャンプーの原価を考えれば、あまりに高値。
納得するだけの高機能成分があるわけでもありません。
デメリットが少なくなった石鹸を使うくらいなら、市販の有名な普通のシャンプーの方がはるかに安くてメリットが多い。


[PR]

ゴウシャオーガニクス ベリーセンシャルシャンプー の全成分:

水、デシルグルコシド、ココイルグリシンNa、グリセリン、プロパンジオール、カリ石ケン素地、ビルベリー葉エキス、タマネギ根エキス、アルギニン、ワサビノキ種子エキス、アロエベラ液汁、エタノール、パンテノール、ホホバ種子油、クランベリー種子油、カプリリルグリコール、クエン酸、水酸化K

主な成分の解説をみるデシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
プロパンジオールはデンプンを発酵して得たグリコールの一種で、高い抗菌性、良好な保湿性、毛髪にはしっとり感、潤滑性、軽いタッチを与えます。
ココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
カリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
ビルベリー葉エキスGABA産生促進作用、抗炎症、抗シワ、ヒアルロン酸産生促進、メラニン生成抑制、保湿、抗酸化作用。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
ワサビノキ種子エキスは別名モリンガと呼ばれ、マイクロプロテインの効果で肌トラブルの原因となる微粒子を除去する清浄作用を持ち、独特の滑らかな感触と肌バリヤとして働く整肌作用を付与します。
アロエ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
クランベリー果実エキスはビタミンCがリッチな抗酸化作用、くすみ緩和作用を与える。
カプリリルグリコールは優れた殺菌剤ですが、作用が強めで焼灼感刺激を感じる可能性。

    ゴウシャオーガニクス ベリーセンシャルシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1

  • 容量/300ml
  • 価格/3780円
  • 1mlあたり/12.6円

ゴウシャオーガニクス ベリーセンシャルシャンプー の宣伝文,商品説明:

石鹸シャンプーベースのアミノ酸系シャンプーです。サラサラの髪と自然なツヤ、コシのあるしなやかな髪へと導きます。

[PR]
ゴウシャオーガニクス ベリーセンシャルシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム