シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
グレイス ワン ハリつや シャンプー
(コーセー
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

グレイス ワン ハリつや シャンプー

コーセー


グレイス ワン ハリつや シャンプー のオススメレベル

グレイス ワン ハリつや シャンプー の解析結果

強力・抗酸化シャンプー


アンチエイジング素材に関しては美容液のように配合されている珍しい一品。
アルガンオイルをはじめ、ザクロエキス、油溶性ビタミンC、バラエキス、マグワエキス等、主に美白や抗酸化効果を狙った処方といえるでしょう。


分子の小さなコラーゲンも配合され、保湿能においても一定の効果をあげそうです。
ただしかし、洗浄剤が良くない。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとコカミドプロピルベタインという、ほとんどクオリティを感じない安っぽい素材で構成。
粗く、泡立ちが強く、肌や髪には負担のある処方です。
ということは、前述のエキスのメリットなどほとんど残り得ないといえるのです。


[PR]

グレイス ワン ハリつや シャンプー の全成分:

水・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドプロピルベタイン・PPG-2コカミド・エタノール・ココイルメチルタウリンNa・ポリクオタニウム-10・グリセリン・アルガニアスピノサ核油・イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD・カニナバラ果実油・ザクロ果皮エキス・ジパルミチン酸アスコルビル・センチフォリアバラ花エキス・センブリエキス・トコフェロール・トマト果汁・マグワ根皮エキス・BG・EDTA-2Na・(メタクリル酸エチルベタイン/アクリレーツ)コポリマー・クエン酸・ココイルグルタミン酸TEA・乳酸・エチルパラベン・サリチル酸・プロピルパラベン・メチルパラベン・安息香酸Na・香料

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
カニナバラ果実油は肌のハリを保持する作用。
クレアチンは毛髪内のイオン結合数を増加させる作用で毛髪のハリ・コシを増強させます。
ザクロ果皮エキスは抗炎症、抗酸化作用が高い成分。ポリフェノール、タンニンを豊富に含む。
ジパルミチン酸アスコルビルは油溶性のビタミンC。抗酸化作用を肌になじませながら浸透させます。
センチフォリアバラ花エキスはバラの芳香と抗酸化作用、収れん作用を与えます。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。


トマト果汁はカロチノイドの一種リコピンを含み、ビタミンEの100倍、β-カロチンの2倍の抗酸化能、ナリンゲニンカルコンの高い抗アレルギー作用など、注目の成分。
マグワ根皮エキスは美白作用を目的。
(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマーはpHや添加物の影響を受けにくい安定性の高い乳化剤。
サリチル酸 は防腐剤、ピーリング剤としての効果があり、イボ、ウオノメを除去する目的で医療でも使われます。

    グレイス ワン ハリつや シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/400ml
  • 価格/950円
  • 1mlあたり/2.38円

グレイス ワン ハリつや シャンプー の宣伝文,商品説明:

50才からの髪と地肌のためのシャンプー。
コシがないパサつく髪に。根もとにハリ、毛先にうるおいを与え、しなやかにまとまる髪へみちびきます。
華やかなローズフローラルの香り。

[PR]
グレイス ワン ハリつや シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム