シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
オーガニック グランドアスカ・ド・パリ シャンプー
(アスカ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

オーガニック グランドアスカ・ド・パリ シャンプー

アスカ


オーガニック グランドアスカ・ド・パリ シャンプー のオススメレベル

オーガニック グランドアスカ・ド・パリ シャンプー の解析結果

全成分は天然志向であることを必死にアピール

しようとしていますが、
ベースがラウリル硫酸アンモニウムと同型(アルキル硫酸アンモニウム)では、全く印象が違ってくるのでは。

市販の安物と同等かそれ以下のクオリティであり、エキスは良いがそれ以前の問題。
無駄に割高で、質の良いエキスはもったいないの一言。洗浄剤の質の悪さで台無しであります。


[PR]

オーガニック グランドアスカ・ド・パリ シャンプー の全成分:

水(温泉水)、アルキル(C12.14.16)硫酸アンモニウム(ヤシ等)、コカミドプロピルベタイン(ヤシ等)、グリセリン(ヤシ等)、加水分解コムギタンパク(コムギ)、乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス(ワサビ等)、レウコノストック/ダイコン根発酵液(ダイコン等)、乳酸桿菌/オリーブ葉発酵エキス(オリーブ等)、コカミドDEA(ヤシ等)、ブドウつるエキス(ブドウ)、クリスマムマリチマムエキス(クリスマムマリチマム)、リモニウムゲルべリエキス(リモニウムゲルベリ)、ラミナリアオクロロイカエキス(ラミナリアオクロロイカ)、ハマナエキス(ハマナ)、褐藻エキス(褐藻)、アステルマリチマエキス(アステルマリチマ)、ゲリジウムカーチラギネウムエキス(ゲリジウムカーチラギネウム)、グルコシルセラミド(米)、アロエベラエキス-1(アロエ)、カッコンエキス(葛)、クロレラエキス(クロレラ)、オクラ種子エキス(オクラ)、ダイズ発酵エキス(ダイズ)、カプリル酸グリセリル(ヤシ等)、ラウリン酸ポリグリセリル-2(ヤシ等)、ラウリン酸ポリグリセリル-10(ヤシ等)、ジカプリリルエーテル(ヤシ等)、ラウリルアルコール(ヤシ等)、ラベンダー油(ラベンダー)、ポリクオタニウム-7(パルプ等)、グリチルリチン酸2K(甘草)、銅クロロフィルNa(葉緑素等)

主な成分の解説をみるアルキル(C12.13)硫酸TEAはラウリル硫酸TEAと同型といえばわかりやすいでしょう。浸透力と脱脂力で肌荒れ患者を続出させた悪名高い洗浄剤です。コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
加水分解コムギタンパクは酸性アミノ酸を多く含むコムギタンパク分解物。毛髪や肌のアミノ酸と親和性が強く皮膜形成や保湿作用を付与します。
乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキスはわさびの根を乳酸桿菌で発酵し、効能を最大限に引き出したエキス。紫外線防止、抗菌作用が優れた成分です。
レウコノストック/ダイコン根発酵液は、菌の増殖を抑える作用があるため、肌を清潔に保ち、吹き出物など菌に起因するトラブルの予防にも有効とされています。
乳酸桿菌/オリーブ葉発酵エキスはオリーブの抗酸化作用を利用した天然の抗菌剤として働きます。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ブドウつるエキスはぶどうに含まれるポリフェノールの一種レスベラトロールを含有。優れた抗酸化力を持ち、人間の長寿遺伝子(サーチュイン)に関与して若さを保つ可能性がある注目の成分。
クリスマムマリチマムエキスはセリ科で別名アッケシソウの花・葉抽出エキス。コラーゲン産生促進、肌の弾力・ハリを再構築し、保湿、鎮静、抗炎症作用を付与。
リモニウムゲルベリエキスはフランス原産の塩分の多い環境で育ったシーラベンダーエキス。抗酸化作用や保湿作用を付与。
ラミナリアオクロロイカエキスはフランスブルターニュ地方に生息する海藻由来成分。皮膚細胞間のイオンバランスを調整し、新陳代謝を活性化する作用があります。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
アロエベラ葉エキスは抗炎症、線維芽細胞増殖促進作用、抗菌作用を付与。
クロレラエキスは育毛、保湿、細胞活性化、脂肪分解、メラニン生成を抑制。
オクラ種子エキスは保湿・ヒアルロン酸産生促進作用効果により乾燥肌、初期老化、浅いシワに効果的。
ダイズ発酵エキスはグルタミン酸ポリマーを主体とする高粘度蛋白水溶液。
単なる被覆効果だけでなく、角質内部から天然保湿因子を産生させる効果があり、しっとりとした感触を与える。
ラウリン酸ポリグリセリル-10はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ポリクオタニウム-7は、増粘作用、しっとり感、乾燥後の指通りの改善効果を付与。ポリクオタニウム-10との併用で相乗効果。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。

    オーガニック グランドアスカ・ド・パリ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.2

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1

  • 容量/120ml
  • 価格/3240円
  • 1mlあたり/27円

オーガニック グランドアスカ・ド・パリ シャンプー の宣伝文,商品説明:

オーガニック成分を配合したフランス生まれのシャンプーです。
ミネラルを含むテルマール温泉水を使用。
オーガニックのアステルマリチマエキス配合で、髪をすっきりと洗い上げます。

[PR]
オーガニック グランドアスカ・ド・パリ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム