シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
グランジェリーナ ハーブシャンプー
(グランジェリーナ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

グランジェリーナ ハーブシャンプー

グランジェリーナ


グランジェリーナ ハーブシャンプー のオススメレベル

グランジェリーナ ハーブシャンプー の解析結果

極めて割高なシャンプーです。


ベースは酸性石けん。+両性界面活性剤ラウラミノ〜、アミノ酸系グルタミン酸TEA,両性界面活性剤ココアンホ〜。
さっぱり、しっとり、刺激レス、という感じで、ベースは非常に理想的なさっぱり系です。
脇役はトレハロース、デンプン、シルク、スクワラン、ヒアルロン酸カチオン化、コラーゲン、コムギタンパク、大豆タンパク、トウモロコシタンパク、フラーレン、EGF・・
なるほど、まるで美容液のようなシャンプーとでも表現できるかと思います。
色々な補修成分あり、そしてノーベル賞コンビ、フラーレン、EGF配合というのは驚きです。
フラーレンはサッカーボール状に炭素が結合している抗酸化物質。
EGFはコラーゲンの生成に関与している医療成分に近いような成分です。
ただし、この2つについては洗い流すシャンプーに入っててどの程度の働きをするかは未知数ですが、
とりあえず頭皮の状況にプラスになることは間違いないでしょう。
ベースの部分からほぼ文句の付けようのない感じで、
ノーベル賞コンビ配合、補修成分の持続性こそやや見劣りするくらいで、非常に種類も効果もはっきりと感じられるいいシャンプーだと思います。
値段が高額ですが、それなりに価値はあるかな、と言えます。
トリートメントいらず、と言ってますが、まぁトリートメントはした方が圧倒的にいいと思います。


[PR]

グランジェリーナ ハーブシャンプー の全成分:

水・ラウレス-6カルボン酸Na・ラウラミノプロピオン酸Na・ココイルグルタミン酸TEA・コミカドDEA・ココアンホプロピオン酸Na・BG・グリセリン・ベタイン・グリコシルトレハロース・加水分解水添デンプン・ポリクオタニウム-10・カプリリルグリコール・ラウロイル加水分解シルクNa・スクワラン・ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアルロン酸・クエン酸・リンゴエキス・カミツレエキス・ ハチミツ・ベントナイト・大豆発酵エキス・アロエベラ葉エキス・加水分解コラーゲン・加水分解コムギタンパク・加水分解ダイズタンパク・加水分解トウモロコシタンパク・加水分解シルク・グリチルリチン酸2K・プエラリアミニフィカ根エキス・ツルレイシ果実エキス・オタネニンジンエキス・オリーブ葉エキス・渇藻エキス・甘草エキス・ヒトオリゴペプチド-1(EGF)・マンニトール・水溶性コラーゲン・フラーレン・ ラベンダー油・ローマカミツレ花油・ベルガモット果実油・ニガリ・フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるラウラミノプロピオン酸Naはアミノ酸系洗浄剤で、pHが酸性でも安定。穏やかな洗浄力とコンディショニング効果、増粘、刺激緩和作用を付与。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ココアンホプロピオン酸Naはアミノ酸に近い構造の両性界面活性剤で、肌刺激性がとても低く、穏やかにコンディショニング効果を与えるソフトな洗浄剤。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
パーム油は牛脂に似た組成のアブラヤシ果肉由来のオイルで、パルミチン酸、オレイン酸を主成分とする。
カプリリルグリコールは優れた殺菌剤ですが、作用が強めで焼灼感刺激を感じる可能性。
ラウロイル加水分解シルクNaは補助洗浄剤として主に用いられ、親和性の高さを活かして感触をシルキーに特徴づけます。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ヒドラスチスカナデンシスエキスはタンニンの働きで肌の引き締め効果を付与します。
リンゴ果実エキスは糖類とミネラル類を多く含み、収斂作用、保湿作用を与えます。
カミツレ,セイヨウオトギリソウ,トウキンセンカ,ボダイジュ,ヤグルマギク,ローマカミツレエキスは角質水分量増加、抗炎症作用、抗酸化作用を付与。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ベントナイトは強力な粘性と乳化安定性を持つ成分ですが、泥系成分の中では不純物(針状シリカ)の含有があるタイプで、アスベストに似た構造であることから注意が必要。
ダイズ発酵エキスはグルタミン酸ポリマーを主体とする高粘度蛋白水溶液。
単なる被覆効果だけでなく、角質内部から天然保湿因子を産生させる効果があり、しっとりとした感触を与える。
アロエベラ葉エキスは抗炎症、線維芽細胞増殖促進作用、抗菌作用を付与。
加水分解コムギタンパクは酸性アミノ酸を多く含むコムギタンパク分解物。毛髪や肌のアミノ酸と親和性が強く皮膜形成や保湿作用を付与します。
加水分解ダイズタンパクは表皮の新陳代謝を活性化。線維芽細胞増殖促進作用によりプラセンタエキスの3倍の効果があると見られる。
加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
プエラリアミリフィカ根エキスはイソフラボン、植物性女性ホルモンといわれるミロエステロール、デオキシミロエステロールなどを含有し、美白、抗老化、皮脂抑制作用など。
ツルレイシ果実エキスはズバリ、ゴーヤです。安定なビタミンCを含んでいて、抗酸化作用が特徴的です。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
ヒトリシズカエキスは表皮角化細胞増殖促進効果を付与。肌の代謝を促し、傷の回復、シワの軽減、トーンアップなどに役立ちます。
マンニトールはショ糖を還元して作る保湿成分。
フラーレンは1996年クロトー博士に発見されたノーベル化学賞受賞成分で、ビタミンCの125倍の抗酸化作用、プラセンタの800倍のコラーゲン産生促進作用を持つ成分。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ベルガモット果実油は紅茶アールグレイの香り付けで知られる精油。リラックス、リフレッシュ効果を与える特徴をもつアロマオイルです。
ニガリパウダーは天然海水成分から食塩を除去したもの。主成分は塩化マグネシウムや塩化カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄などで、角質層に水分を与え、乾燥を防ぐ。

    グランジェリーナ ハーブシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/300ml
  • 価格/6480円
  • 1mlあたり/21.6円

グランジェリーナ ハーブシャンプー の宣伝文,商品説明:

心静めるラベンダーの香りに癒されながら、髪本来の弱酸性の状態に導いてくれるハーブシャンプー。
オーガニックシャンプーにありがちな洗髪時のきしきし感もなく、
リンスインシャンプーというよりも、これ一本で十分な潤いを与えてくれ、サラサラでしなやかな光沢感のある髪に仕上げてくれる
トリートメントいらずの一本です。

[PR]
グランジェリーナ ハーブシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム