シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
グリーニスト シャンプー WA
(メロスコスメティックス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

グリーニスト シャンプー WA

メロスコスメティックス


グリーニスト シャンプー WA のオススメレベル

グリーニスト シャンプー WA の解析結果

お茶をベースにした、スカルプシャンプー。


まず消臭、収れん作用のチャ葉水、洗浄ベースは、酸性石鹸のラウレス-4酢酸NaにラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタインを配合し、洗浄力はしっかりとありながら、刺激は抑えられています。
マルチトールヒドロキシアルキル(C12、14)は麦芽由来成分で安全性が高く、泡立ちを促進する効果や、肌の水分保持効果を持ちます。
アズキ種子エキスはアントシアニン、サポニンを含有するエキスで、肌のツヤ、ハリ、清浄作用、整肌作用を付与。
テアニンは緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種で、リラックス作用、抗酸化作用、抗癌作用を持つ成分です。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオールは伸びが良く、皮膜形成作用に優れた効果。メチオニン・シスチンなどハリを生むアミノ酸を含む。

アケビ茎エキスは天然保湿成分NMFの産生を助ける働きがあり、 肌の内側から保湿を促します。
カワラヨモギエキス、ビワ、シソエキス、グリチルリチン酸2Kは抗炎症・収れん作用。

ポリクオタニウム-47は、ゴワつき感、滑り感を両方とも好改善するポリマーです。


総合すると
細かい部分からも伝わってくるのは低刺激性を重視しているな、という面が一番です。

全体を通してなるべく刺激の心配が少ない成分を選んでいるフシがあります。

次に、使用感においても泡立ち方にこだわりを持っている作りと言えます。
コカミドメチルMEAは非常に安定的な起泡性を持続させますし、マルチトールヒドロキシアルキル(C12、14)や非イオン界面活性剤の配合など、使用感の満足度を落とさないようにする工夫に余念がありません。

そして頭皮へのアプローチでは、チャ系エキスの作用をはじめ積極的にアンチエイジング作用を付与しています。

飛び抜けて何か凄い成分がある、というタイプではありませんが、ジワジワと頭皮に嬉しいハリが甦ってくるようなシャンプーで、好感度高いです。


[PR]

グリーニスト シャンプー WA の全成分:

チャ葉水、水、ラウレス-4酢酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、BG、コカミドメチルMEA、マルチトール、ヒドロキシアルキル(C12、14)、アズキ種子エキス、チャエキス、テアニン、ユズ果実エキス、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、アケビ茎エキス、シソエキス、ビワ葉エキス、カワラヨモギエキス、グリチルリチン酸2K、アジピン酸PPG-2-ミレス-10、カプリリルグリコール、ポリクオタニウム-10、カオチン化デキストラン-2、ポリクオタニウム-47、DPG、ラウリルグリコールヒドロキシプロピルエーテル、ポリソルベート20、セテアレス-60ミリスチルグリコール、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、エタノール、エチドロン酸4Na、エチドロン酸、香料

主な成分の解説をみるチャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
ラウレス-4酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ラウロイルメチルアラニンNaメチルジブロモグルタロニトリルは防腐剤として用いられますが、皮膚刺激性が懸念される。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
コカミドメチルMEAは花王が開発した非イオン界面活性剤ですが、DEAと比較しても泡立ちの即効性、持続性、泡量ともに優良な効果を示す増粘剤。
マルチトールヒドロキシアルキル(C12、14)は麦芽由来成分で安全性が高く、泡立ちを促進する効果や、肌の水分保持効果を持ちます。
アズキ種子エキスはアントシアニン、サポニンを含有するエキスで、肌のツヤ、ハリ、清浄作用、整肌作用を付与。
テアニンは緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種で、リラックス作用、抗酸化作用、抗癌作用を持つ成分です。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオールは即効性の皮膜形成が優れた成分。メチオニン・シスチンなどハリを生むアミノ酸を含み、シワ対策にガツンと効かせます。
アケビ茎エキスは天然保湿因子NMFの産生を助ける作用。
シソエキスは抗炎症、防腐、収れん作用を特徴とするペリラアルデヒド、α-リモネンなどを含有。
ビワ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、メラニン生成を抑制、収れん作用、抗菌、抗炎症作用。
カワラヨモギエキスは抗炎症・抗フケ・美白、保湿作用などを付与。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
カプリリルグリコールは優れた殺菌剤ですが、作用が強めで焼灼感刺激を感じる可能性。
ポリクオタニウム-47は、ゴワつき感、滑り感を両方とも好改善するポリマーです。
ラウリルグリコールヒドロキシプロピルエーテルは非イオン界面活性剤で、増粘剤に頼ること無く増粘効果を付与できる低刺激性成分。
セテアレス-60ミリスチルグリコールは増粘性と泡安定性の付与。

    グリーニスト シャンプー WA の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.4

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/250ml
  • 価格/2592円
  • 1mlあたり/10.37円

グリーニスト シャンプー WA の宣伝文,商品説明:

「和」の素材で作った低刺激性スカルプケアです。
髪と頭皮を健やかに保ち、弱った髪にボリュームとコシを与えやさしく洗い上げます。

[PR]
グリーニスト シャンプー WA 2017 (c)シャンプー解析ドットコム