シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
男の美学 ブラックフォースシャンプー
(ハーバー研究所
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

男の美学 ブラックフォースシャンプー

ハーバー研究所


男の美学 ブラックフォースシャンプー のオススメレベル

男の美学 ブラックフォースシャンプー の解析結果

石鹸よりはマシな石鹸。


石けん、炭、カキタンニンでしっかりと洗いたい男性向けの商品となっています。
ベースが石鹸であることでデメリット(アルカリ性である、石鹸カス発生といってもの)が懸念されるのですが、
比較的デメリットを調整されて悪影響を軽減されているように思います。
抗酸化作用、消臭作用、保湿作用がバランス良く配置されていることも悪くない印象があります。
使用感もわりと良いでしょう。

ただ、それであれば元々アルカリ性でない洗浄剤を使えばもっと良いわけですので、
あえて高い金額を払って買う必要のあるものとは思えません。


[PR]

男の美学 ブラックフォースシャンプー の全成分:

水、カリ石ケン素地、コカミドDEA、BG、グリセリン、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルアラニンNa、ジステアリン酸PEG-150、コカミドプロピルベタイン、スクワラン、炭、オタネニンジン、白金、カキタンニン、ティーツリー葉油、マコンブエキス、セリシン、トコフェロール、ペンチレングリコール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポリアクリル酸Na、ポリクオタニウム-10、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、乳酸Na、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるカリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココイルアラニンNaは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
は多孔質の特徴を活かし、汚れ、皮脂を吸着して除去する効果、脱臭作用を与える無刺激成分。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。
マコンブエキスは育毛作用、収斂作用、スリミング作用。
セリシンは絹より抽出精製されるペプタイドで、皮膜形成、ハリ・コシ付与、皮膚の保湿性向上作用。
トコフェロールはビタミンE。抗酸化作用、酸化防止剤として配合。
イソステアリン酸ポリグリセリル-2は低HLBの乳化剤として、皮膚に対する親和性が高く、伸展性に優れた刺激の少ない油性成分です。

    男の美学 ブラックフォースシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/220ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/9.82円

男の美学 ブラックフォースシャンプー の宣伝文,商品説明:

竹炭と高麗ニンジン粉末、コンブエキスを配合した男性用シャンプーです。
豊かな泡立ちで頭皮すっきり。
髪と頭皮の健康を守り、うるおいを与えます。

[PR]
男の美学 ブラックフォースシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム