シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ハホニコ ディスデモカヘアクレンジング シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ハホニコ ディスデモカヘアクレンジング

ハホニコ

hahodis

ハホニコ ディスデモカヘアクレンジングの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:〇
さらさら感:〇
ダメージ補修力:〇
健康毛適性:X
さっぱり感:X
ハリコシ補修度:X
1mlあたり約16.8円
200ml/3360円

ハホニコ ディスデモカヘアクレンジングの解析結果

シルクで洗うシャンプーといった一品。


シルク系界面活性剤といえるラウロイル加水分解シルクNaをべースにしていますから、
そこらのシャンプーよりずっと洗浄力は低いものと見てまちがいありません。
PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油は粘度調整や泡質の向上を目的としています。
ジメチコンコポリオールはシリコン型界面活性剤。
ココイルイセチオン酸Na、ラウリミノジプロピオン酸Naはいずれも両性界面活性剤で、配合は珍しいタイプですね。
ラウロイルメチルアラニンNa、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースといったコンディショニング効果を付与するような界面活性剤も脇を固めています。

この辺までをみても、一般的なシャンプーとは一線を画していることがよくおわかりいただけるでしょう。
洗うというよりも、感触をずっと重視しているといっていい内容です。
低刺激性ではありますが、シャンプーだと思って使うとちょっとびっくりしそうな感触。

その他の成分もコンディショニング効果重視で、コメヌカスフィンゴ、ケラチン、シリル化コラーゲン、レシチン、アルギニン誘導体など、
いずれも保湿効果を与える素材を投入。


全体としては、
シャンプーというより限りなくトリートメント等に近いタイプの一品であると見ていいでしょう。
当然、しっかり洗いたい、サッパリ感のある仕上がりを求める人にはNG。
何よりも髪のコンディションを重視する方専用というシャンプーです。

洗おうと思ってこの商品を使ってはいけない

ということですね。

ハホニコ ディスデモカヘアクレンジング宣伝文,説明文:

『シャンプーで毛髪を補修し、輝きを再現する』
汚れを落としながら、傷んだ髪を補修する本格トリートメントシャンプーです。
最近では髪のカラーリングは、年代を問わず定着しつつありますよね。ただ、たび重なるブリーチやカラー&パーマ、縮毛矯正の強度の薬により毛髪は悲鳴をあげています。ディスデモカ ヘアクレンジングは、『毛髪の水分、油分を補い、毛髪につやを与え、保つ』という開発コンセプトで作りあげたシャンプーです!

全成分:

水、ラウロイル加水分解シルクNa、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ジメチコンコポリオール、ココイルセチオン酸Na、ラウリミノジプロピオン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ジオレリン酸PEG-120メチルグリコース、コメヌカフィンゴ、糖脂質、加水分解ケラチン(ジヒドロキシメチルミリンプロポキシ)、ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、水添レシチン、リゾレシチン、ココイルアルギニンエチルPCA、オドギリソウエキス、カミツレエキス、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、ラベンダー油、ポリクオタニウム-10、プロピルパラベン、変性アルコール、メチルパラベン、フェノキシエタノール、BG、DPG、PG