シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ヘアオペ クレンジングシャンプー
(サニープレイス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ヘアオペ クレンジングシャンプー

サニープレイス


ヘアオペ クレンジングシャンプー のオススメレベル

ヘアオペ クレンジングシャンプー の解析結果

単にクレンジングなシャンプー。



これといって違いを見せられている製品ではありません。
ラウレス硫酸ベースに、ベタイン、ココアンホ酢酸で刺激緩和、トレハロースが保湿、非イオン界面活性剤など配合。
シンプルな構成ですが、洗浄力が高く、値段が安いなりのそれなりのシャンプーです。

刺激が少ないシャンプーです、という説明は間違ってはいませんが脱脂力は強すぎです。


[PR]

ヘアオペ クレンジングシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ポリクオタニウム-10、加水分解酵母、トレハロース、セテアレス-60ミリスチルグリコール、BG、クエン酸、EDTA-2Na、EDTA-4Na、安息香酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料、黄203、緑201

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
加水分解酵母エキスは細胞活性化、線維芽細胞増殖促進作用、免疫増強作用を付与。
トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
セテアレス-60ミリスチルグリコールは増粘性と泡安定性の付与。

    ヘアオペ クレンジングシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/1000ml
  • 価格/1680円
  • 1mlあたり/1.68円

ヘアオペ クレンジングシャンプー の宣伝文,商品説明:

イオンの力で、汚れ(ワックス・樹脂・油分)を浮かして、
取り除きます。
刺激が少ないシャンプーです。

[PR]
ヘアオペ クレンジングシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム