シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ヘアレシピ ミントブレンド クレンジング レシピ シャンプ
(P&G
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ヘアレシピ ミントブレンド クレンジング レシピ シャンプ

P&G


ヘアレシピ ミントブレンド クレンジング レシピ シャンプ のオススメレベル

ヘアレシピ ミントブレンド クレンジング レシピ シャンプ の解析結果

悪魔のようなシャンプー


洗浄力が強い、を通り越して、浸透して根こそぎバリアを破壊するイメージの凶悪な洗浄性。


一度たりともの使うべきでない品質


添加成分などもはや何が入っていても問題になりません。
洗浄剤の最悪さを見れば、一瞬で使わないという判断ができないといけない典型的なダメシャンプーです。


[PR]

ヘアレシピ ミントブレンド クレンジング レシピ シャンプ の全成分:

水、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、香料、クエン酸Na、キシレンスルホン酸Na、クエン酸、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、安息香酸Na、EDTA-4Na、エチレンジアミンジコハク酸3Na、PG、硝酸Mg(キ)、オレンジ花エキス、チャ葉エキス、イチゴ果実エキス、メチルクロロイソチアゾリノン、塩化Mg(キ)、赤227、黄4、クエン酸(キ)、メチルイソチアゾリノン、ソルビン酸K(キ)、安息香酸Na(キ)

主な成分の解説をみるラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
キシレンスルホン酸Naも充分に懸念すべき洗浄剤であり、日本の製品で配合されている例はごくごくまれ。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ヒドロキシプロピルメチルセルロースは水溶性フィルムコーティング剤で、安定性に優れ、非イオン性という特徴を持ち、接着・密着(バインダー)性に優れます。
オレンジ花エキスはネロリと呼ばれ、グリーン系を感じるフローラル調の豊かな香りが特徴。気分のリフレッシュ効果、整肌作用、肌のハリを改善する効果があります。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。

    ヘアレシピ ミントブレンド クレンジング レシピ シャンプ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/530ml
  • 価格/1382円
  • 1mlあたり/2.61円

ヘアレシピ ミントブレンド クレンジング レシピ シャンプ の宣伝文,商品説明:

地肌と髪を優しくディープクレンジング、毛穴のつまりや汚れをオフ。
トリートメントを取り込みやすい状態へ。
髪と地肌をディープクレンジングし、ヘアフードトリートメントを取り込みやすい状態に。

[PR]
ヘアレシピ ミントブレンド クレンジング レシピ シャンプ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム